楽天ROOMもやってます。語り切れないモノ語りを集めました

英語の苦手を克服する勉強法~Step 2:基礎を固める

この記事は約5分で読めます。

こんにちは。

学生時代に苦手だった英語を克服し、現在は日常的に英語を使う仕事をしているつむりです。

このブログでは私が社会人になってから英語の苦手を克服した5ステップの学習法を紹介しています。

英語の苦手を克服する5ステップの学習方法
  • Step 1
    学習目的を設定する

  • Step 2
    基礎を固める

  • Step 3
    インプットを増やす
  • Step 4
    アウトプットを増やす

  • Step 5
    文法を固める

  • おまけ
    TOEIC 900対策

今回はStep 2、基礎固めについて。

本当に英語が苦手な人は、基礎固めから始めるのがいいと思います。

基礎がないと、読み書きは辞書を引く回数が多くて進まないし、会話は聞き取れなかったり言葉がなかなか出てこなかったりで成立しません。英語に対する苦手意識も強いし、TOEICで600を超えるのは難しいはず。この状態からいきなり大量のインプットや、アウトプットに取り組むのは困難なので、基礎を固めるのが得策です。

このStepは単調な反復練習でそれなりに時間がかかるためイヤになる時期が絶対に来ます。

その時期を乗り越えて継続することで辞書を引く回数は激減するし、言葉が口をついて出るようになります。イヤになった時は「目的」が必ず支えてくれるから、自分を信じて頑張ってください。

既に十分な基礎がある方はこのステップは飛ばしてOKです。

先に進んでツラくなったら戻ってきてください。

スポンサーリンク

読めないものは書けないし、聞けないものは話せない

この段階で意識したいのは以下の2つ。

  • 読めないものは書けない
  • 聞けないものは話せない

私の感覚では、語彙は豊富な順に「読める語彙→聞ける語彙→書ける語彙→話せる語彙」です。

幼児期は読める語彙より聞ける語彙が多いし、読み書き中心に学習した結果、聞ける語彙より書ける語彙が多い人もいるとは思います。ただ、読める語彙より書ける語彙が多いことや、聞ける語彙より話せる語彙が多いことはまずありません。

したがって、まず読める/聞ける語彙を増やすことが近道です。

従来の英語教育は読み書きに偏りがちで聞いたり話したりする時間が圧倒的に足りていないため、読める語彙に比べ聞ける語彙が少ないことも意識しておきたいですね。

語彙を増やす方法は数多くありますが個人的にいちばん身についたのはiKnow!なので以下で紹介します。

基礎固めに最適!脳科学に基づく英語学習プログラムiKnow!とは

iKnow!は脳科学に基づく英語学習プログラムです。

レベルや学習目的に応じたコースで4技能(読む/書く/聞く/話す)をフルに使って学習を進めます。

具体的には、英単語を目で見て、耳で聞き、書き取り、発音し、学習した単語を含む文を目で見て、耳で聞き、書き取り、発音する流れを繰り返します。発音は必須ではないけれど、書き取りついでに単語や文の発音を続けると話すスキルに繋がるので、会話を重視したいならお試しください。

1つのコースを終了した後は、記憶を定着させるのにちょうどよい時期にiKnow!が再学習を提案してくれます。最適な時期に復習できるようペースを管理できるのがいい感じ。

行き届いているだけあって有料サービスだけど、メールアドレス登録で5回分の無料体験ができます。チョット試してみたい方は是非。

2021年8月現在の月額利用料は、

  • 1ヶ月プラン:1510円/月
  • 12ヶ月プラン:794円/月(9530円/年)

DMM英会話の有料会員は無料で使うことができます。

脳科学に基づく英語学習プログラム「iKnow!」はこちら

iKnow!のコースはどうやって選ぶ?

iKnow!には中学生レベルから留学準備、ビジネス英語まで様々なレベルのコースがあります。

ポイントは、簡単すぎるくらいのレベルからはじめること。ジャンルも一般的な「英会話マスター」から始めるとよいです。基礎固めはいわば筋トレで、負荷が大きすぎると続かないので。

コースには文を使った学習が含まれていて、いろいろな単語や文型に触れることができます。簡単すぎるコースを選んでも身にならないことはないと思います。

始めは1日1コースや2コースでもしんどいと感じるので、少なく始めて細く長く続けるのがおすすめ。慣れれば5コース、10コースを一気にやっても平気になると思います。

現時点でのレベルを確認したい場合は、コンテンツ一覧から「iKnow!コース診断」を。

iKnow英会話マスター

「英会話マスター」が終われば興味のあるコースを選びます。

中級/中上級コースがしんどくなくなる頃には、辞書を引く回数がだいぶ減り、聞きとれる単語や文がかなり増えているはず。

上級コースにはかなりマニアックな単語も出てくるため、興味があればどうぞ。

……オタクな世界です。

下の画像はTOEICで860点を取った時点の学習状況↓

iKnowでの学習実績

特別な対策をしなくても、基礎を固めるだけで実はそこそこ取れるようになりますよー!

スポンサーリンク

最後に

以上、基礎固めについてでした。

大人が英語をやり直すとき、最初から多読多聴や英会話に挑みがちです。が、多読多聴は英語を読んだり聞いたりして理解できること、英会話は相手の言葉を理解した上で自分の考えを適切な応答として返すという、たいへん高度なことをしています。

基本的な語彙が身についていないと、辞書なしでは理解できず、聞き取れず、考えをまとめられず、できない尽くしで投げ出す可能性が高い。私も実際、初めての英会話は投げ出しました……

ということで、英語に苦手意識の強い人や、多読多聴や英会話を投げ出した人ほどStep 2を大切にしてほしいのであります。本当に地味な反復練習だし最初は楽しくはないですが、しっかりやっておくとStep 3以降が楽になります♡

基礎固めを終えた方はStep 3へどうぞ。

学習の全体像はこちら

タイトルとURLをコピーしました