楽天ROOM始めました。まとめきれないモノ語りを集めてます

マグフォーマー・ピタゴラス・マグビルド…人気だけど種類が多すぎる磁石ブロックを比較した話

マグフォーマー・ピタゴラス・マグビルド…人気だけど種類が多すぎる磁石ブロックを比較した話

こんにちは。TsumuRi(@TsumuRi)です。

最近、図形を並べたり仲間分けをしたりがブームの3歳娘。

そんな娘を見つつのクリスマス作戦会議の結論は「磁石ブロックいいんじゃない?」と満場一致。

ところが、
磁石ブロック、
種類多すぎ…

TsumuRi
TsumuRi

類似品まで含めたら、いったい何種類あるん!!!!

大きめおもちゃ購入時は徹底調査が信条の私、TsumuRiでございますが、今回も調べに調べましたので、参考にしたサイトも含めて紹介します!

スポンサーリンク

磁石ブロックの種類の超ざっくりしたまとめ

最初に、この記事では、磁石が埋め込まれたパーツを組み合わせて立体を構成できるブロックを磁石ブロックと呼びます。例としてはマグフォーマーやピタゴラスなどですね。

よく見かける磁石ブロックは、大まかにまとめると4系統です。

磁石ブロックのマグネットの位置の比較

※図中の黒矢印は磁石の位置(ゲオマグを除く)

パーツを見れば一目瞭然ですが、あえて言葉で説明してみるとこんな感じ↓

マグフォーマー系磁石ブロック

  • フレームを組み合わせる。
    (海外品にはプレートもある)
  • 磁石は辺の中点に1個
    ※いちばん小さなパーツの場合
  • 対象年齢3歳~

ピタゴラス系磁石ブロック

  • プレートを組み合わせる。
  • 磁石は辺の1/3(1/4かも)の位置に1個ずつ、合計2個。
    ※いちばん小さなパーツの場合
  • 対象年齢1歳半~

パワークリックス系磁石ブロック

  • フレームとプレートの両方を組み合わせる。
  • 磁石はに1個ずつ、合計2個。
    ※いちばん小さなパーツの場合
  • 対象年齢6歳~

ゲオマグ系磁石ブロック

  • 棒磁石のバー、スチール製のボール、プラ製のパネルを組み合わせる。
  • バー自体が棒磁石になっている
  • 対象年齢6歳~

磁石ブロックの種類の大まかな比較

多角形のパーツを組み合わせるマグフォーマー、ピタゴラス、パワークリックスに対し、ゲオマグは異色で、独立する辺と角と面のパーツを自分で組み合わせて多角形を作るところから始めます。

系統ごとに磁石の配置や仕組みが全然違うので、別系統の磁石ブロックを組み合わせて遊ぶのは難しいですが、同系統の磁石ブロック同士は組み合わせて遊べる場合もあるという口コミをよく見かけました(※私は未検証です😅)

それでは、各系統の磁石ブロックの特徴と代表的な製品を、対象年齢の低い順に紹介していきます~

スポンサーリンク

ピタゴラス系磁石ブロックの特徴と代表的な製品

ピタゴラス系磁石ブロックの特徴

ピタゴラス系の磁石ブロックは、プレート状のパーツを組み合わせて立体を構成します。

ピープル社ピタゴラス作例

これはピタゴラスBASIC(画像出典:Amazon.co.jp

壁や床が作れるので構成した立体の中にモノを入れて遊ぶことができますし、面で形を捉えやすいため、小学校で学習する立体の展開図への応用もしやすそう。

プレートは不透明のものと透明のものがあり、透明プレートなら混色や透過光を味わう遊び方ができます。

ピタゴラス系の透明タイプは透過光が面白い

これはマグウィズダム(画像出典:Amazon.co.jp

対象年齢は不透明のピタゴラスが1歳半から、その他のものは3歳からとなってました。

ピタゴラスの特徴

代表例であるピタゴラスは、乳幼児玩具大手のピープルの製品です。

対象年齢1歳半からのセットは、プレートが不透明で両面の色が異なります。この印象が強いため、ピタゴラスと言えば不透明プレートのイメージがかなり強いと思います(←私だけ?)

しかし対象年齢3歳以上のセットや小学生向けセットは、透明プレート中心の構成で、オプションでラメ入りプレートや鏡プレートもあるなど、かなりときめく製品でした。

シリーズ全体としては図形の種類が多いのが特徴で、セットごとに対象年齢の子どもの学習に役立つ冊子がついていて至れり尽くせりです。セットごとの差が大きいので、公式サイトでチェックする必要あり。

ピタゴラスはかなり以前からあるおもちゃで、10年以上も現役で使えたというおうちもあるのが安心材料だと思います!

TsumuRi
TsumuRi

年齢による遊び方の変化をまとめた、有本葉子さんのブログの記録がすごいので是非に。

10年以上活躍中のピタゴラスプレート(遊び方変化の記録付き)
目次 15年目のおもちゃピタゴラスプレート遊び方変化の記録1歳~2歳3歳~4歳5歳~6歳7歳~9歳10歳~11歳12歳~さいごにリンクまとめ 15年目のおもちゃ 12月ですねー。 クリスマスも間近にな

マグナタイルズの特徴

ピタゴラスは、海外ではマグナタイルズという商品名で販売されていて、ピープルの公式サイトにもラインナップが掲載されてますよ。

マグナタイルズ作例

画像出典:Amazon.co.jp

シリーズの一部だけですがAmazon.co.jpで入手可能です。

外箱デザインといい、シンプルなパーツ構成といい、海外版の方がおもちゃとして洗練された雰囲気。教材のイメージが強めなピタゴラスとは対照的ですよね。

マグビルドパネルシリーズの特徴

ピタゴラスに似た製品としてマグビルド(パネルシリーズ)があります。対象年齢は3歳から。

マグビルド(パネル)は透明プレートとフレームで構成されています。透明ピタゴラスと比べて低価格で、窓枠のように穴の開いたプレートもあることが特徴。

マグビルドパネルシリーズ パーツ構成

画像出典:Amazon.co.jp

セットは60ピース入り1種類のみで、ピタゴラスのシリーズ全体と比べるとプレートの種類は少ないですし、変わった機能のあるプレートもありません。ごくシンプルな製品構成がよさとも言えます。

プレートの構造は、ピタゴラスと磁石の配置こそ同じですが、筋交いの構造が異なりますね。

TsumuRi
TsumuRi

遊び方などは、うみうまさんのブログママにゃ~ごさんのブログの写真がキレイで分かりやすいですよ

マグビルドがすごい。2歳の息子が遊び倒すマグネットのおもちゃ
こんにちは。 息子2歳半のお気に入りのおもちゃランキングで、 見事1位に輝いた知育ブロックを紹介します。 &n…
ピタゴラスよりあえてマグビルドを買いました。知育マグネットおもちゃ
こんにちは。ママにゃーごです。知育マグネットおもちゃとして有名なピタゴラスひらめきのプレートを買うか迷った末に、Amazonでマグビルドという商品を購入したのでレビューします。どのマグネットおもちゃにするか迷う方の参考になればとおもいます。

マグビルドは比較的新しい製品で、インスタなどでキャンペーンを展開していることもあり、タグ検索(#マグビルド)で遊び方のイメージを掴めます。

…かなりインスタ映えよ?

2020年1月現在は完売しておりAmazonでは購入できませんが、2020年4月に再販予定とのことですよ🤓

マグウィズダムの特徴

マグウィズダムは、Amazonでピタゴラスを探すと、おすすめ商品として表示されます。

マグウィズダムのお城

画像出典:Amazon.co.jp

マグウィズダムも透明パネルのみで構成される製品で、透明ピタゴラスよりも低価格で、窓枠のように穴のあいたパーツがあることが特徴。穴あきパーツの種類はマグビルドより多いです。

パネル内の筋交いの構造はピタゴラスに寄せてますね。

セットは小さいものから100ピース超えまであり、上級者向けセットにはレゴっぽい人型パーツも入ってます。

ピタゴラス系磁石ブロックの選び方やおすすめは?

磁石ブロックは図形で遊ぶことを重視する私は、パーツ構成が図形中心で、かつ図形の種類が豊富なものがよいと思ってます。

この中から選ぶなら、シリーズを通じた図形の種類の多さでピタゴラスかなー。

ただ、ピタゴラス系ブロックには不透明のものと透明のものがあるので、どちらが好みや目的にハマるかも重要。不透明のものは面を面として捉えやすい良さがあるし、透明のものは混色や透過光を味わう良さがあるので悩ましい。

というわけで、不透明ならピタゴラス(orマグナタイルズ)、透明なら価格の優位性でマグビルドを選びます。これらは販売元が日本の会社という安心感もありますしね。

TsumuRi
TsumuRi

と、ここまで言っておきながら!

私はピタゴラス系磁石ブロックは選びませんでした(←なんというオチ…)

いやね、最初は完全にマグビルドを買う気でいたんですが、調べるうちに気が変わりまして……その理由も含め、次はマグフォーマー系磁石ブロックを紹介します。

スポンサーリンク

マグフォーマー系磁石ブロックの特徴と代表的な製品

マグフォーマー系磁石ブロックの特徴

マグフォーマー系磁石ブロックの対象年齢は3歳から

見てのとおり、フレームで立体を構成していきます。

マグフォーマー作例

画像出典:Amazon.co.jp

フレームは真ん中に穴が空いているので、ピタゴラス系のように容器としては遊べません。

というのが、「日本国内で」流通しているマグフォーマー系磁石ブロック(類似品を含む)の特徴です。

TsumuRi
TsumuRi
もったいぶった言い方ですみません……今回いろいろ衝撃を受けたので、もったいぶらせてください……

マグフォーマー国内正規品の特徴

マグフォーマーは、日本ではボーネルンドが正規輸入総代理店ですが、製造元はジムワールドという韓国の会社で、世界65ヶ国で販売されています。

ワールドワイド感を感じるCMがYouTubeにありましたw

MAGFORMERS 2016 TV commercial

マグフォーマーの特徴は拡張性。一部のパーツは単品販売されてますし、曲線パーツもあり、複雑な形を作るのも楽しそうです。

とは言え、小さい子どもは初めは直線パーツと曲線パーツが合わないことが分からず混乱するため、小さい三角形や四角形から徐々にレベルアップしていくのがよいそうです。

ところで、マグフォーマーってパーツに透明感がありますが、実は表と裏の色が異なるツートンカラーで、フレームの中心は透けてないって知ってました?(私は真面目にじっくり眺めて初めて知りました)

マグフォーマーと言えば図形遊びのイメージが強いですが、最近は国内でもおうちなどを作れるセットが入手できるようになっています。

マグフォーマーの類似品の特徴

この記事の冒頭で、

TsumuRi
TsumuRi

類似品まで含めたら何種類あるん!!!

と、心の叫びをお送りしましたが、マグフォーマーの類似品、すごく多いです。

例えば、ピタゴラス系磁石ブロックのところで紹介したマグビルドにはスケルトンシリーズというマグフォーマー系のセットがありますし、

西松屋のおもちゃコーナーで、三角と四角が少しだけ入って1000円くらいで売られているのも見かけました。これは西松屋のプライベートブランド、SmartAngelのもの。

この上、さらにAmazonを検索したら、いったいなんぼあるのよ!という気持ちになれることは間違いありません。

しかも、製品によって磁力に差があるとか、仕上げの丁寧さが異なるとか、既に磁石ブロックを持っている場合は混ぜて使いたいから互換性とか、気にするポイントがほんまに色々ありまして、

もうええわーーー!

という気分になっちゃったので、まとめサイトを紹介しておきます。

TsumuRi
TsumuRi

丸投げですみませんが、アツさんのブログに類似品のまとめがありますのでどうぞ。お子さんがマグフォーマーにハマっているそうで、色々な類似品を試されてます。

【2020年版】マグフォーマー類似品・偽物おすすめまとめ!互換性や性能を徹底比較!|KIND OF HAPPY DAYS(カインド オブ ハッピーデイズ)
うちは5種類以上ものマグフォーマーの類似品を買って、子どもに遊ばせています。 マグフォーマーの「類似品」は、ボーネルンドのマグフォーマーと品質の差がほとんどなく、正規品と類似品をごちゃまぜにして使ってもなんの問題もありま

こうやってユーザーさんのレビューや口コミをチェックする手間はありますが、そこそこの品質のものをゲットできれば安上がりです(笑)

海外版マグフォーマーの特徴

初めに書いた通り、マグフォーマーは世界65ヶ国で販売されており、日本には入ってきていないものもかなりあります

例えばこういうプレートタイプのもの。

マグフォーマー海外版ウインドウプラスソリッド

画像出典:Amazon.com

類似品も含め、日本で主流の真ん中に穴の空いたフレームタイプでは構造物に床や壁を作れません。しかし上の写真のようなプレートを含むセットならば、床や壁を作れる!?

TsumuRi
TsumuRi

そう、プレートならね!

海外品を視野に入れれば選択の幅がますます広がりますし、ついでに言うと海外品は安い

人気の62pcsのセットの価格差たるや!(2019年12月調べ)

マグフォーマーの内外価格比較(日本のAmazon vs 米国のAmazon)

 

TsumuRi
TsumuRi

マグフォーマー、海外では日本ほど高級品じゃない!!!

これ衝撃すぎました。

特に人気のあるセットほど値引率が大きい様子です。

もちろん日本語の説明書はありませんし、不具合があったときにボーネルンドに相談することもできませんが、類似品を買うことを考慮するタイプの人の選択肢にはなりうると思います。

海外版の遊び方なんかは、インスタグラムのタグ検索(#magformers)でワールドワイドに見られます。

こんなのあるの?!ってなるかも。

マグフォーマー系磁石ブロックの選び方やおすすめは?

磁石ブロックは純粋に図形として遊ぶことを重視する私は、拡張性があり、図形の種類が豊富なマグフォーマーを選びました。

初めての磁石ブロックとして選ぶ場合は特に、子どもが遊びに入りやすいよう、おもちゃとしての安定感があるものがよいと考えたのも理由。

TsumuRi
TsumuRi

だけどマグフォーマー、国内正規品はもちろん海外品も、類似品に比べて高価なのが難点なんですよね~

なので、今後買い足す場合は、マグフォーマーにしかないパーツはマグフォーマー、類似品にあるパーツは類似品を買うのもアリと考えてます。

類似品は磁力が弱かったり壊れやすかったり問題のある製品もあるようですし、買い足しには互換性が必要なので、購入前に調べる必要があるのが手間ですけどね。手間がイヤな人はお金で解決……

プレゼントには国内正規品が無難

自宅用には海外品や類似品もありだと考えている私ですが、ヒトサマに差し上げるならば国内正規品一択だと思います。

そもそも私はかなりの心配性で、特に子どもが小さいうちは安全性やサポートの手厚さがおもちゃ選びの重要ポイントだと強く感じてます。だから子どもが小さくてまだ神経質な時期のママも同じかな~と😇

でも、国内にお客様窓口があって、自分が使ってみて品質が安定しており、子どもが使いやすい類似品があるならば、それを贈るのはアリ。もらう側の趣味嗜好や性格にもよりますけどね(笑)

TsumuRi
TsumuRi

さて対象年齢3歳からの製品はここまで。以降は対象年齢6歳からの製品です。

スポンサーリンク

パワークリックス系磁石ブロックの特徴と代表的な製品

「系」と言いつつ、類似品ぽいものも見当たらなかったので、ここではパワークリックスの話をします。

パワークリックスの特徴

パワークリックスはGuidecraftというアメリカの会社の製品で、製品ラインナップの中にフレームとプレートがあることが特徴。

パワークリックスラインナップ

画像出典:Amazon.com

磁石の位置が角であることを生かし、直線や×のパーツがあのも珍しいですし、上の写真にはありませんが、ぐんにゃりした曲線や、くすみカラーもラインナップしてます。

日本ではトイザらスで一部の商品が販売されてます。

トイザらスのような大手のおもちゃ屋さんで扱いがあり、ひとつの製品でプレートもフレームもまかなえることにすごく惹かれた製品ですが、2019年12月現在、トイザらスのオンラインショップにプレートがなく、対象年齢も6歳からと高めなので、3歳娘へのプレゼントの候補からは外してしまいましたけどね。

パワークリックスについては熱量低めの紹介になりましてすみません。

TsumuRi
TsumuRi

パワークリックスの遊び方や作例については、ぼちゃさんのブログが参考になります!この製品、情報が本当に少ないので、口コミとして貴重な存在。インスタグラムのタグ検索(#powerclix)でも件数少ないですが出てきますね。海外のおもちゃおしゃれだな~

『【玩具】マグフォーマーの代わりに『パワークリックス』を買ってみたレポ』
息子が誕生日を迎えることもあり、先週からプレゼントを色々物色していました。今年で2歳になりますが、対象年齢には少し早いけれど「マグフォーマー」を買おうと思って…
スポンサーリンク

ゲオマグ系磁石ブロックの特徴と代表的な製品

これも「系」と言いつつ類似品ぽいものが見当たらなかったので、ゲオマグの話をします。

ゲオマグの特徴

ゲオマグはスイスのGeomagworld SA社が製造する磁石ブロック。

ゲオマグ パネル

画像出典:Amazon.co.jp

ここまで紹介した他の3系統のブロックとはまったく異なる特徴を持つ製品です。

何がまったく異なるかというと、最初の方に書いた通りパーツの構造。

他の3系統のブロックは多角形のパーツを組み合わせるものでしたが、ゲオマグは辺(棒磁石)と角(スチールの球)と面(プラスチックのパネル)が独立したパーツになっていて、多角形自体を組み立てるところから始めるんですね。

なので他の3系統のブロックに比べパーツは細かいですし、磁石の性質を知り、立体の完成図を頭の中に明確に描く能力が問われるおもちゃかと……そりゃ対象年齢が6歳からというのも納得です。でもその分、平面図形や空間図形を読み解く力は育てられそうです。

この製品、公式サイトを見ると実際の建築物を模したかなり大きな構造物も作れるようですし、娘が大きくなって幾何学模様を愛するようになれば、是非トライさせてみたい……!と思います。

TsumuRi
TsumuRi

実際に遊んでいる様子などは、坊のママさん(……でいいのだろうか)や、やみ~さんのブログで見られますが、製品の造形がかっこよすぎてため息しか出ない感じです……素敵すぎる

ゲオマグ 〜 ようやく解禁 - 0歳からののびのび幼児教育♪ ~ 楽しみながらほめて伸ばす:楽天ブログ
久しぶりに外へ出ました〜 今日は暖かくてよかった。 とはいえ、 1日の大半は室内遊び。 ブロック、粘土、読書などをやっていつも時間が過ぎて行くので、 ようやくゲオマグを開封して遊びました。 これを
「GEOMAG ゲオマグ 」娘がご飯も食べずに夢中になってしまった! | あれも食べたい、これも食べたい!EX
GEOMAG(ゲオマグ) って「ジオマグ」だと思っていました。スミマセン…。 磁石のボールとパーツを組み合わせることで、いろいろな物を作る...

ゲオマグにはたくさんの種類がありますが、日本のAmazonにもかなりの種類がラインナップされてます。製造元が日本語サイトを用意していることもあって、安心感の持てる製品だと思います。

スポンサーリンク

わが家が3歳娘に選んだのはド定番のマグフォーマー

ここまで長々とお付き合いありがとうございました。

対象年齢に達していない磁石ブロックまで、いくつ見てるねーん!って感じですが、オタク気質なのですみません。

結論として、わが家が3歳娘に選んだのはマグフォーマー

マグフォーマーウインドウプラスソリッド50

画像出典:Amazon.com

意外と普通と思われた方いらっしゃるかと思いますが、オタクだけどオーソドックスが好きで、リスクを避けたい性分なので、そりゃこうなります。

ただね、ひとつの製品でフレーム遊びも、プレート遊びも両方したくて、海外品のマグフォーマーをAmazon.comでポチったというところだけはちょっと冒険。

この記事を書いている時点でモノが手元に到着していませんし、Amazonと言えども海外通販って本当に大丈夫?という半信半疑な気持ちもありつつですし、言語の壁や送料や購入価格によっては関税もあるので、誰にでも安易に海外品を勧める気は毛頭ございませんが、こういう選択もあるよ~ということで記事にしてみました。

ちなみにポチったのは上の画像のセットです。

どうも最後の1個だったらしく、購入した瞬間にAmazon.comの個別ページが消滅して恐怖だったんですが(大丈夫かなあ?)、フレームが30枚、プレートが20枚、合計50枚入ったセットです。

枚数は、これに単品販売の五角形12枚入りを足したら、人気のある62枚セット(↓)と同じ比率になるので、娘が慣れてきた頃にはちょうどよくなるなと思いまして。

【追記】透明プレート入りマグフォーマーのレビュー記事書きました

透明プレート入りマグフォーマーを実際に使ってみたレビューを別の記事にまとめました。妙な期待半分で購入したので妙なモヤモヤを抱えたレビューですが、製品としてはとってもよいものでした!

あわせてお読みくださいませ!

海外品マグフォーマーお取り寄せ!日本未発売の透明プレート入り50pcsセットのレビュー
図形を並べたり仲間分けをしたりのブーム真っ最中の3歳娘に、透明プレート入りのマグフォーマーを購入しました(日本未...

【追記】マグビルドパネルシリーズのレビュー記事書きました

その後、マグビルドの販売元であるキットウェルさまよりレビュー掲載依頼をいただきました。

細かいところまでまるっと見せてますのでよろしければご参考に🤓

インスタで話題の映えるマグネットブロック!Kitwellマグビルドパネルシリーズをレビュー[PR]
Instagramで話題の磁石ブロック、マグビルドがわが家にやってきました。透明感が評判のパネルシリーズです。 ...