楽天ROOM始めました。まとめきれないモノ語りを集めてます

復帰先未定でも育休中という条件は同じ!派遣社員がわが子を保育園に入れるまでの体験談

派遣写真の保活体験談

当ブログでは、派遣社員として産休育休を取得し、職場復帰して時短勤務を開始するまでの経緯をまとめております。前回までに派遣社員の産休育休と育休復帰の体験談を書いてきましたが、今回は派遣社員の保活について書いてみようと思います。

派遣社員の産休育休体験談~産前産後休業・育児休業制度の情報もまとめました
TsumuRi 派遣社員として産休育休を取得し、復帰してからは時短で働く兼業おかあさんになった...
派遣社員の育休後職場復帰体験談~新派遣先への就活から手続きまで
こんにちは。TsumuRiです。 私は派遣社員として産前産後休業と育児休業を取得し、別の職場に再び派遣社員として時...
スポンサーリンク

派遣社員の保活は正社員の保活とほぼ同じ

派遣社員の保活といっても、特別なことはあまりありません。育休中の派遣社員は国の制度上も育休中だと認められているため、保活を戦い抜くための条件は正社員と対等です。

ただ、正社員とは異なり、育休中なのに復帰先の目処が立っていないことが多いのではないでしょうか。産休前の職場に復帰することが確定している派遣社員はほんの一握りの恵まれた立場です(私もここには入れませんでした……)。したがってほとんどの場合、派遣社員は保育園が決まってから新しい派遣先を探すことになります。

そんな違いはあれど、あくまでも育休は育休。派遣会社が作成する勤務証明書を添付して、「育休中」の立場で入園の申し込みをする点は正社員と同じです。

スポンサーリンク

派遣社員の保活の流れ〜TsumuRiのケース

おおまかに私の場合の流れを書いてみます。

前提:待機児童は多いが無認可保育園は検討せず

前提として、私は無認可保育園は検討しませんでした。その理由は以下の2点です。

  • 待機児童の多い市とは言え、前年度実績では求職中でも入園できたという、市内では比較的入りやすいエリアだった
  • 認可保育園でダメなら幼稚園入園まで仕事をしなくてもいいかとゆるく考えていた

基本的にゆるく考えていたため、市内でも激戦区では入園できる月齢になったらすぐに(その時点では入れる気はなくても)入園申し込みをして待機ポイントを稼ぐ必要があると聞いていましたが、それもしていません。

ちなみに待機ポイントが何かというと……保育園の入園って、就労の状況や家庭環境によって点数が付与され、点数が高い順に決まるんですが、前年度に入園できず待機児童になった実績により点数が付加される自治体もあるんですね。激戦区では申し込みの上位から全員育休復帰の場合もあり、その中で頭ひとつ抜けるには前年度からの待機実績が必要というとんでもないことになるんです……

8月~10月、保育園の見学

こうしてゆるく考えていた私が保活を始めたのは入園の前年度の8月。8月から10月にかけて近隣の認可保育園5ヶ所を見学しました。

TsumuRi
TsumuRi

少ないと思われるかもしれませんが、育休復帰後に毎朝通うことを考えると、他の保育園ではちょっと無理だと思ったんですよね……。

保育園見学の流れ

まずは電話で見学のアポを取りました

電話をかける際、13時~15時は比較的つながりやすいので狙い目です。子どもたちのお昼寝タイムにあたるので先生たちが事務仕事に集中できる時間です。逆に電話を避けたいのは午前10時より前と、午後15時~18時の間。子どもたちの登降園やおやつタイムがあるのでバタついてます。

保育園側の都合の良い日時を指定されるので、子どもを連れて行けばOK。

見学の時間は10時頃から12時頃までが多かったです。この時間帯は子どもたちが活発に活動している時間にあたるので、様子が分かりやすいと思います。

見学形式は園によって様々です。随時1~2組の親子が参加するもの、保育園が告知した見学会の日に10組以上の親子が集まるものなど……。園のあらましの説明を受けてから保育室、給食室、園庭、ホール、プール、家庭菜園などの施設を見学、その後、質疑応答の時間というパターンが多かったかな。

見学中におむつ換えや授乳のタイミングが重ならないよう、見学直前に済ませておくのがマストです!

保育園見学の持ち物

持ち物は普段の子どもとのお出かけとあまり変わりません。服装も普段着です。

普段の持ち物にプラスして以下のものがあれば安心かな?

  • スリッパ(保育園にあることが多いけど、ないときのために)
  • 保育園見学のチェックリスト(あらかじめ知りたいことをまとめておく)
  • 筆記用具

この中でも特に重視したいのはチェックリスト作っておくと当日の確認漏れが減らせるのでとても便利だと思います。聞き忘れたことに気づいて後で電話するのは自分も手間ですし、保育園にも時間を割いてもらうことになってしまうので気が重いですよね。

保育園の見学チェックポイント

あくまで私の場合ですが、だいたいいつもチェックしていたのは以下のようなポイントです。保育園のホームページで分かるものは事前に調べておき、必要に応じて質問してました。

長いので箇条書きで↓

  • 保育園の理念や方針
  • 職員や子どもたちの言葉遣い、態度、挨拶(理念や方針との一貫性)
  • 設備・おもちゃ・絵本などのメンテナンス状態(壊れたままにしてないか)
  • 保育室の広さや職員の人数(基準と比較)
  • 保育室の配置、避難経路、避難体制
  • 食事の管理体制、アレルギー対応状況、保護者が用意する頻度
  • 園庭、ホール、プールの有無
  • 園外活動の有無、頻度、内容
  • 習い事的な活動の有無(音楽、英語、スポーツなど)
  • 保護者参加型の行事の回数、曜日
  • 保育時間帯(通常保育、早朝・延長保育)
  • 保護者が休日の場合の預かり可否
  • 早朝・延長保育の利用の仕方、費用
  • 長期休暇の預かり体制(お盆、年末年始、GW)
  • 保育料以外の費用(教材費、保護者会費、主食費など)
  • 初年度の持ち物の内容(手作りの要否も)
  • 毎日の持ち物の量
  • お昼寝布団の用意の要否、持ち帰りの有無
  • おむつ(布おむつか紙おむつか、紙おむつの処分は園か家庭か)
  • 送迎手段(車、自転車、徒歩)
  • 駐車場、駐輪場、ベビーカー置き場があるか(ベビーカーは保育中預けられるか)

当日、園からもらえるようなら、入園案内、入園予定のクラスの献立表と持ち物一覧をもらっておくと後で比較するときに便利です。

また、実際に使う予定の登園手段で保育園までの経路を移動してみて、気になるところをチェックしておくのもよいと思います。これは別日でもOK。盲点って意外とあるんですよね。

11月、保育園の入園申し込み

自治体の広報で告知されます。わたしの住む自治体では申込書の配布が10月(自治体の窓口または各保育園)、申し込みが11月(各保育園)でした。

申し込みの際、保育の実施理由を証明する書類が必要ですが、育休中の派遣社員の場合は派遣元に勤務証明書を作成してもらいます。さて、ここで復帰先も復帰時期も決まっていないのに証明できるの?という疑問がうまれますが、とくに問題ありませんでした。私の場合、産休前の派遣先の情報を元に派遣会社が作成してくれました。

TsumuRi
TsumuRi

書類作成の繁忙期にあたるので、余裕をもって依頼しましょうね!

入園申し込みは、第一希望の保育園に、子どもを連れていきました。自治体の職員と保育園の担当者による書類チェックと質疑応答があり、申込書の控えをもらって終了。

2月に入園決定通知が届き、わたしの保活は終わりました。

その後は2月に入園説明会(という名の打ち合わせ)に子どもを連れていき、入園準備をしつつ、新しい派遣先を探しつつ、4月を待ちました。

派遣先決定後の手続きを忘れずに

派遣社員の育休復帰では、保育園が決まってから新しい派遣先を探すことが多いと思いますが、新しい派遣先が決まった後は新しい派遣先の情報で勤務証明書を提出しなおすことが必要です。

TsumuRi
TsumuRi

変更があった場合は速やかに届け出ないと入所を取り消す(意訳)なんていう脅し文句が入所申込書に書いてある自治体もありますので、出し忘れには要注意です!

スポンサーリンク

まとめ

派遣社員の産休育休から育休復帰まで、私の体験を全3回にわたる体験談としてまとめました。私が育休を取得した頃とは制度が変わっている部分もありますが、現在派遣社員として働いていて、妊娠出産を考えている方たちのお役に立てればとても嬉しいです。

さて、派遣社員をとりまく状況の変化として大きいものに、2018年から運用される「無期転換ルール」があります。私は「無期転換ルール」についても当事者ですので、今後はこちらについても情報を収集&発信していきたいと思います!