初めての派遣登録から就業開始までの流れを実体験ベースで解説する

初めての派遣登録から就業開始までの流れを実体験ベースで解説する 派遣社員
この記事は約9分で読めます。

こんにちは、つむり(@TsumuRi)です。
➡初めての方は自己紹介もどうぞ

私が派遣社員として働くようになってから、10年近く経ちます。その間に何回か派遣先を変わり、産休育休を取得後に復帰、時短勤務の派遣ワーママにクラスチェンジしました。

前回書いたとおり、これからしばらく派遣社員の働き方について語ります。基本的な話から順にしていきます。

今回は、派遣会社への登録から就業開始までの流れを、実体験を織り交ぜながら解説します。

スポンサーリンク

派遣会社への登録から就業開始までの流れ

派遣会社への登録から就業開始までの流れは、大まかには以下の通り。

  1. 派遣会社に登録
  2. 求人に応募
  3. 派遣会社の社内選考
  4. 派遣先企業の選考
  5. 職場見学
  6. 採用
  7. 就業開始

登録から就業開始までの流れはどの派遣会社でもだいたい同じ。上から順に説明します。

スポンサーリンク

ステップ①派遣会社に登録

派遣会社は登録制です。基本的には無料なのでご安心を。

登録から就業開始まである程度時間がかかること、求人サイトに掲載されていない案件もあることから、思い立ったら早めに登録した方がよいです。

TsumuRi
TsumuRi

登録だけして就業しなくても怒られたりはしません

派遣会社への登録のしかた

登録のしかたは何パターンかあります。

  1. 登録会に行く
  2. ウェブ登録後、派遣会社で本登録
  3. ウェブ登録のみ

「来社不要」という派遣会社もありますが、来社なしで就業までいける会社ばかりではないため、一度は派遣会社を訪問する心づもりをした方がよいでしょう。

この時点では複数の派遣会社に登録した方がよい、というか、複数社登録が基本です。ですよね、なつみさん!(←教えてもらった)

  • 派遣会社ごとに得意分野が異なる
  • 複数の派遣会社が同じ求人を扱っていることがある
  • 登録後、派遣先企業への紹介までなかなか進まないことがある
  • 担当コーディネータの提案がイマイチ

などなど、様々な理由から、1社に絞るとなかなか就業開始できなかったり、結果的に不利な条件で就業する可能性もあったり……そこで、複数社登録し、もっとも好印象かつ高待遇の派遣会社から就業するというわけ。

TsumuRi
TsumuRi

私が初めて派遣会社に登録した時は、応募したい求人を持っている派遣会社に片っ端から登録しました。この時点では5社だったかな。

派遣の求人サイトのメジャーどころはこのあたりです↓

また、派遣会社の選び方はこちらの記事もご参考に。
派遣登録で失敗しない!絶対に避けるべき派遣会社のチェックポイント3つを紹介

派遣会社を訪問して登録する場合の流れ

派遣会社を訪問して登録する場合(登録会、またはウェブ登録後の本登録)、コーディネーターとの面談があります。面談内容は、経験・スキル・希望する就業条件などのヒアリングです。

なお、登録の際にはスキルチェックがあります。事務系で登録する場合はタイピングやWord、Excelの操作などですね。内容は派遣会社によります。

TsumuRi
TsumuRi

私が最終的に本登録まで進んだのは3社です。あちこちの派遣会社に出かけるのが面倒になったので、希望の業界・職種の求人をたくさん持っている派遣会社に絞りました

派遣会社訪問時の服装はオフィスカジュアルでOK

派遣会社を訪問する際の服装が気になる人は多いと思いますが、女性はオフィスカジュアルでOKです。

オフィスカジュアルが分からなくて悩むくらいなら、迷わずスーツで大丈夫です。私はスーツで行きましたよ。

スーツはちょっと…という方はこちらご参考に。
【コレで安心!】オフィスカジュアルの基本ルールとNGチェックリスト

スポンサーリンク

ステップ②派遣の求人に応募

求人に応募する方法も何パターンかあります。

  1. 求人サイトなどに公開されている案件に応募する
  2. 求人サイト未掲載の求人を派遣会社から紹介されて応募する
  3. 派遣会社から企業に売り込んでもらう

派遣の求人情報を選ぶ際のチェックポイントはこちらの記事にまとめました。
派遣先選びに失敗しないために!求人情報の選び方のチェックポイントTOP5

求人サイトなどに公開されている案件に応募する

未登録で応募できる求人は、求人サイトや、派遣会社の求人情報ページで公開されている案件だけです。

ただし、公開されている案件を見て応募しても、派遣会社で本登録する段階になって「実は既に候補者が決まってまして…」と言われることもあります。正直、釣り針かと思うもっと早く言ってほしいところですが、こんなことはしょっちゅうなので、めげずに先に進みましょう。優良案件ほどすぐに候補者が決まるものです。

求人サイト未掲載の求人を派遣会社から紹介されて応募する

派遣会社に登録すると、求人サイトなどに未掲載の案件にも応募できるようになります。

派遣会社は、派遣先企業から新規募集があった時や、現在就業中で辞める予定の派遣社員の後任者を探す時、求人サイトなどに載せる前から、登録済みで就業が決まっていない人から順に声を掛けるのです……!

派遣会社に登録するということは、声掛けリストに載るということ。未登録のまま戦うのは機会損失です。

未掲載の求人への応募は、登録後の面談で打診されることもありますし、後日メールや電話で打診されることもあります。

条件が折り合えば応募すればよいし、微妙に折り合わなければ交渉できるか確認したらよいです。希望と大きくかけ離れていたらお断りでOKです。

TsumuRi
TsumuRi

3は特殊なので割愛します

スポンサーリンク

ステップ③派遣会社の社内選考

求人に応募すると、派遣会社の社内選考に進みます。

候補者が求人枠より多い場合(例えば求人1名に対して応募2名以上)、派遣会社がスタッフを選抜して派遣先企業に紹介します。応募者全員が派遣先企業に紹介されるわけではありません。

社内選考基準は派遣会社に聞いたことがないので分かりません。派遣先企業の求める人材像に近く、スキルが高い方が有利ではあるとは思います。

TsumuRi
TsumuRi

私は、他に経験豊富な候補者がいることを理由に断られたことがあります…

社内選考を通過すれば、派遣先企業に紹介してよいか確認されます。

スポンサーリンク

ステップ④派遣先企業の選考

派遣先企業が職務経歴や希望条件を確認します。

この段階で、条件が合わないことを理由にお断りされることもあります。

TsumuRi
TsumuRi

私は経験不足、スキル不足、残業のできる人が欲しい……などを理由にお断りされたことが何度もあります。気にしたら負け!

派遣先企業の選考を通過すれば職場見学に進めます。

スポンサーリンク

ステップ⑤職場見学

職場見学とは、要は派遣先企業の担当者との面談です。

派遣会社の営業担当者が(まれにコーディネーターも)同行します。まれに実際の就業場所を見せてくれることもありますが、本当にまれです。

職場見学の当日の流れ

以下は職場見学当日の流れです。

  • 派遣会社の営業担当者と顔合わせ&打ち合わせ
  • 派遣先企業を訪問、職場見学
  • 就業の意思確認(当日ではない場合もある)

派遣会社の営業担当者とはこの日初めて顔合わせをすることになります。

打ち合わせでは、当日の職場見学の流れの説明を受け、派遣会社が派遣先企業提出用にまとめたスキルシートを確認します。想定質問の練習をしたこともあったような。質問や疑義があればこの時点で確認を。

面談は派遣会社の営業担当者が進行します。

自分では、自己紹介とこれまでの経歴の説明、派遣先企業の担当者からの質問への回答をするくらいですね。質疑応答タイムもあるので、気になることは聞いておくとよいです。

職場見学が終われば、派遣会社の営業担当者と共に退出します。

この時点で就業の意思を確認されることもあれば、後になることもあります。

そして解散。おつかれさまでした。

TsumuRi
TsumuRi

ちなみに派遣会社の担当者はいったん外に出てからまた派遣先企業に戻っていくことが多いです……フィードバックを受けたり、商談を進めているんだと思う。多分。

職場見学当日の服装

職場見学当日の服装が心配なら、職場見学の日程を調整する時に派遣会社に確認しましょう。

私の場合、オフィスカジュアルでOKと言われることが多かったですが、派遣先企業の雰囲気によってはスーツの方が好ましい場合もあります。

なお、服装で悩むくらいなら、迷わずスーツでよいと思います。私はスーツで行きましたよ(2回目)

スポンサーリンク

ステップ⑥採用

職場見学の直後または後日、派遣会社の営業担当者から先方の反応を伝えられるとともに、就業の意思を確認されます。YESと言えば就業決定です。おめでとうございます。後日、契約書が送られてきます。

派遣社員は、職場見学まで進めば「たいていの場合は」採用です。

TsumuRi
TsumuRi

なんだか引っかかりますね。

派遣先企業による派遣社員の面接って違法なんですよ。したがって、職場見学に呼んだということは採用のはずです。原則的には

ただ、競合する派遣会社のスタッフが同時期に職場見学に呼ばれていて、競合した結果、不採用になることがあるとは風の噂に聞いたことがありますし、SNSでも職場見学後に落とされたという話はよく出てきます。

就業開始前にしておいた方がよいこと

  • 契約書など、就業開始日より前に受け取った書類の確認
  • 通勤経路のシミュレーション
  • 短い自己紹介を考える
  • 服装を考える

契約書や、その他に就業開始日より前に受け取った資料があれば、必ず目を通して内容を確認します。就業規定やタイムシートは、就業開始日より前に郵送されることが多いです。内容に間違いがあったり、未着の資料があれば早めに派遣会社に連絡ね。

就業開始日に簡単な挨拶周りをすることもあるので、短い自己紹介を用意しておいたほうがよいです。ない場合もあるけど。

心配性の私は、通勤経路のシミュレーションもします。実際の出勤時間に合わせて実際に使う通勤経路で派遣先企業まで行ってみると、初日に遅刻する心配が減ってよいですよ。

服装は後述します。

スポンサーリンク

ステップ⑦就業開始

就業開始日は、派遣会社の営業担当者が同行します。

時間と待ち合わせ場所を指定されますので、遅れないように行きましょう。派遣先の担当者とあなたを引き合わせたら、派遣会社の営業担当者は帰ります。

以降は派遣先担当者の指示に従いましょう。

就業開始から契約を終了するまでの話はこちらをご覧ください。

派遣社員の就業開始から契約終了までを実体験ベースで解説する
私が派遣社員として働くようになってから、10年近く経ちます。その間に何回か派遣先を変わり、産休育休を取得後に復帰…
スポンサーリンク

おわりに

以上、派遣会社への登録から就業開始までの流れを実体験ベースに説明しました。まだまだ語りたいことはあるので、各ステップの詳細は後日補足します。

そうそう、一点だけ追加で。

派遣先企業に就業が決まっても、派遣会社のコーディネーターや営業担当者とのお付き合いはまだまだ続きます。特に営業担当者にはお世話になるので、節度を保って仲良くするのはマストですよ。

ランキング参加中。応援ポチポチいただけると励みになります

ブログランキング・にほんブログ村へ 

感想やご質問はお気軽にどうぞ
→Twitter(@TsumuRi

派遣社員
シェアしてもらえると励みになります
スポンサーリンク
つむりのおと
タイトルとURLをコピーしました