楽天ROOMもやってます。語り切れないモノ語りを集めました

派遣社員の無期労働契約とは?転換型無期雇用派遣社員が実体験から解説する

派遣社員の無期労働契約とは?転換型無期雇用派遣社員が実体験から解説する 派遣社員
この記事は約10分で読めます。

無期労働契約の派遣社員になって2年ほど経ちましたTsumuRiです。こんにちは。
今回のブログは派遣社員の無期労働契約について実体験に基づき書いてみようと思います。

派遣社員の無期雇用転換についてGoogle検索しても、表示されるサイトの中には間違いも散見されます。例えば、いわゆる正社員型派遣の話を無期雇用転換の話として書いてたりなど、詳しくない人が書いたんかな〜(もしくは意図的に混同してない?)と思ったのがきっかけ。

一般的な話は厚生労働省の有期契約労働者の無期転換ポータルサイト、個別具体的な話は、派遣会社の担当営業さんから聞くのがもっとも正確なので、ネットの情報を鵜呑みにしないようお気をつけください。(このブログもね!)

言いたいことはほぼこれで書ききった感じなんだけど、個人的な経験談に興味があれば引き続きご覧いただければ嬉しいな!厚生労働省のポータルサイトを見ながらだと分かりやすくなると思います。

スポンサーリンク

無期雇用転換ルールとは?

「無期雇用転換ルール」をご存知ない方のために、さわりだけ書いておきますね。

無期雇用転換ルールとは、労働契約法の改正により、同一の使用者(企業)との間で、有期労働契約が更新されて通算5年を超えたときに、労働者の申込みによって無期労働契約に転換されるルールです。

引用元:厚生労働省:有期契約労働者の無期転換ポータルサイト

登録型派遣(有期労働契約)で働く派遣社員の場合は、同一の派遣会社から派遣されている期間が通算5年を超えた時に無期労働契約への変更を申し込めるようになります。

無期労働契約といえば、従来からある常用型派遣(特定派遣、正社員型派遣とも)が思い浮かびますよね。これは最初の段階で派遣会社の正社員として雇用され、派遣先企業に派遣されるもので、転換型無期雇用派遣社員とは採用方法そのものや待遇が異なります。今回は割愛。

スポンサーリンク

【体験談】派遣社員TsumuRiが転換型無期雇用派遣社員になるまでの経緯

通算の契約期間が5年を超えた

育児休業から復帰してしばらく経った時点で、現在の派遣会社から派遣先企業に派遣された期間が通算5年を超えたと派遣会社から連絡されました

現在の派遣会社から派遣されるようになってから現在まで、半月程度の無契約期間が何回かと、1年程度の産前産後休業・育児休業が挟まっていたので私本人は関係ないと思ってたんだけど、通算されるのねと感心した覚えが……(笑)

※無契約期間がある場合は通算されるための条件があります。
 詳細はこちらのページのQ5を見てください。

なお、使用者(派遣会社)には無期雇用転換ができることを説明・周知する義務は課せられていません(詳細:Q15)。私の場合のように親切な派遣会社ばかりとは限らないので、無期雇用転換を狙っている方は自分でも計算してみるとよいと思います。

派遣会社から無期雇用契約の条件を説明された

私の場合、派遣会社から無期雇用転換についての連絡を受けたので、その次の面談で説明をお願いしました。

派遣会社からは、無期雇用転換ルールの概要と、派遣会社独自の無期労働契約のルールをA4判の文書でいただきました。文書を見ながら説明を受け、気になる箇所を都度質問する形でした。

給与や派遣先が変わる時の扱いなどは特に突っ込んで説明を聞きました(※後で詳しく書きます)

派遣会社の規定の方法で申し込み

私は現在の派遣先の環境や業務内容がいたく気に入っていて、3年(抵触期間)を超えても同じ派遣先で働きたかったので、しばらく考えた後に無期雇用転換を申し出ました。しばらくとは何ヶ月かということです。契約更新は1回挟んでいた記憶(笑)

申し出までに派遣先の指揮命令者との面談があり、可能なら長くいてほしいとチラリと言われていたので、3年を超えてもいられるのだろうという感触はありました。

派遣会社の営業担当さんに連絡すると、専用の申し出フォームから意向を提出するよう指示されたので、その通り申し込んだら完了でした。数日で無期労働契約に変更する旨が文書で届きました。

スポンサーリンク

転換型無期雇用派遣社員のメリット

無期雇用転換はデメリットも色々言われるんですが、「3年ルールが適用されなくなること」に魅力を感じていた私には無期雇用転換ルールがあったことはよかったと思っています。

転換型無期雇用派遣社員は「3年ルール」の適用外になる

唯一にして最大のメリットが「いわゆる3年ルール」の適用外になることだと思いました。

いわゆる3年ルールについてはご存知の方が多いと思いますので簡単に。

①派遣先事業所単位での期間制限
同一の派遣先の事業所に対し、派遣できる期間は、原則、3年が限度となります。

②派遣労働者個人単位の期間制限
同一の派遣労働者を、派遣先の事業所における同一の組織単位に対し派遣できる期間は、3年が限度となります。

厚生労働省:派遣で働く皆さまへ~平成27年労働者派遣法改正法が成立しました~(pdf)

一般派遣社員の場合、上記①②に基づく「抵触日」が設定されており、抵触日以降は同じ派遣先の同じ部署できません。抵触日までの期間が最大3年なので3年ルールと呼ばれています。ただし①による抵触日が②による抵触日より短く設定されている場合は3年に満たないこともあります。

で、派遣先の居心地や待遇に満足していれば抵触日を超えても働きたいと思うことはあると思うんです。私もそうでした。なので、派遣先からも長くいることを望まれている場合は、無期雇用転換して抵触日以降も働くのはアリだと思います。

この点にメリットを感じられない(=現在の派遣先に満足していない)なら、無期雇用転換する理由はまったくありません。一般派遣社員のままの方が身軽でよいと思う。特に、派遣先を変わりたいと思っているときに無期雇用転換するのは絶対になしです。自由がなくなります。デメリットの1つ目参照。

スポンサーリンク

転換型無期雇用派遣社員のデメリット

無期雇用派遣社員は派遣先を選べない

転換型無期雇用派遣社員の最大のデメリットが「職場を選べない」ことです。

現在の派遣先に満足していて、現在の派遣先で働き続けられる間はデメリットになりませんが、問題は現在の派遣先から要らないと言われた時。次の派遣先を決めるのは派遣会社です。

一般派遣社員は条件のよい派遣先が出てくるまで断りまくることができましたが、無期雇用派遣社員の場合はそれが通りません。無期雇用派遣社員も、次の派遣先について勤務地や業務内容の希望は出せますが、あくまでも考慮するという程度で、次の派遣先への就業は会社命令です。

この点は、自由であることを重視して派遣社員を選んだ方には圧倒的なデメリットとしか言えません。

ちなみに、どうしても折り合えない場合はどうなるのか派遣先の営業担当者さんに伺ったところ、「その場合は退職ですかね~」と軽く言われました。そうだよね……期間の定めがないと言っても普通に会社員だもん、イヤになったらやめるでいいわ。

退職した場合は有期雇用契約で別の派遣先を紹介できるようになるまである程度の期間が必要になる派遣会社もあるようなのでご注意を。
(参考)「無期雇用はお勧めできません」――ある派遣社員が法改正に翻弄された現実

無期雇用派遣社員は直接雇用になりにくい

これまでは派遣社員が3年を超えて同じ会社の同じ部署で働くためには、抵触日以降は直接雇用しかなかったんですが、無期雇用転換すると直接雇用しなくても3年以上いられるようになります

したがって、無期雇用転換した派遣社員を直接雇用するのは、派遣先によほど積極的な理由がある場合に限られてくると思いますし、派遣先の直接雇用を狙っている方にとっては明確なデメリットです。

ただ私の場合、組織運営や部署間の調整などコミュニケーション能力が必要とされる厄介な業務がものすごく苦手で、関わることすら嫌なので、そもそも正社員に向いていない。そして厄介な業務を回避できて自分の作業に没頭できる現在の立場が気に入っている!

ということで、私はさしたるデメリットとは感じませんでした。

スポンサーリンク

一般派遣社員と転換型無期雇用派遣社員を比較すると?

ここをご覧の皆さまは、無期労働契約に変更した後の待遇がどう変わるのかに興味をお持ちの方が多いと思いますので、上に挙げた項目以外で、有期労働契約の派遣社員(一般派遣社員)と、無期労働契約の派遣社員(転換型無期雇用派遣社員)の違いをざっくり紹介します。

待遇は派遣会社の規定によるので、私の場合の話ね。

派遣先との契約は数ヶ月ごと更新で変わらなかった

一般派遣社員は数ヶ月ごとに契約を更新します。

私の場合、転換型無期雇用派遣社員になった後も派遣先との契約は数ヶ月ごとに更新しています。一般派遣社員の頃は3ヶ月ごと更新だったのが、無期雇用派遣社員になってからは半年ごとの更新になりましたが、数ヶ月ごとに更新しているという点では違いがありませんでした。

以下、何にも変わらないじゃん!と思った方へ。

一般派遣社員の場合は派遣会社との契約も数ヶ月ごとですが、無期雇用派遣社員の場合は派遣会社との契約は期間の定めがないことになっています。名目上。

モヤっとしますね。私もモヤっとしています。

現在の派遣先から要らないと言われた時に違いが分かるのかも。
分かったら追記しますが、追記する日が来ないことを祈ってください(笑)

そうそう、無期雇用派遣社員には定年があります。私が所属する派遣会社の場合、60歳の誕生日が来る月の末日をもって退職となります。ただし申し出によって65歳の誕生日が来る月の末日まで延長できます。この点は正社員と同じです。

一般派遣社員とは就業規定や時給設定が異なる

転換型無期雇用派遣社員は、一般派遣社員とは就業規定や時給設定が異なります。

就業規定について

就業規定は転換型無期雇用派遣社員用のものをいただいています。

内容は一般派遣社員用と大きく変わった印象はなく、働く上での影響はほぼありませんでした。

就業規定ってわざと分かりにくく書いているのかしらと思うくらいには読みづらいので、営業担当者さんと無期雇用転換の話をする時に転換型無期雇用派遣社員になると何が変わるのかまとめて教えてもらった方がいいと思います。私は違いをまとめたA4の文書をいただき、さらに口頭でも細かく確認しました。

時給について

転換型無期雇用派遣社員の時給は職種・職能ごとに決まります

無期雇用転換の時点で、職種・職能がどこに該当するのか査定され転換後の時給を提示されました。ただ、無期雇用転換前の時給を考慮して調整は入ります。結局、無期雇用転換の前後で時給は変わりませんでした

無期雇用転換してから派遣先が変わる場合も、職種・職能ごとの時給と、前派遣先での時給を考慮して、あまり差が大きくなりすぎないように調整するんですって。

一般派遣社員の時給は案件ごとに決まるので軽くカルチャーショックでした。

Google検索したときに無期雇用派遣社員は昇給は期待できないと書いてあるサイトを見つけたんですが、無期雇用転換後に時給交渉ができないというわけではないと思います。実際私は無期雇用転換後に時給を上げてもらいました。同一労働同一賃金が導入されたので、仕事がレベルアップすれば交渉の余地はあるんじゃないでしょうか。

派遣会社ごとのケースバイケースなので、無期雇用転換の申し出前に派遣会社の営業担当者さんに聞いてみてください。

(関連記事)派遣社員の時給交渉についてはこちら

無期雇用派遣社員には通勤交通費や退職金が出る?

通勤交通費について

私の場合、通勤交通費は時給とは別に月単位で支給されています。
実費ではなく上限いくらの制約つき。

無期雇用転換ルールが運用され始めた2018年当時は、一般派遣社員には通勤交通費が支払われないことが普通だったので無期雇用転換のメリットだと言われていましたが、2020年以降は同一労働同一賃金が導入されたため、一般派遣社員には通勤交通費が支給され……てるはずですよね?

ただこれもねー。
時給とは別に支給する場合と、時給に交通費相当額を含めている場合があって微妙。
派遣業界って普通じゃありえん理不尽がまかり通ってるので草生えますわwwwww

ともあれ、一般派遣社員と無期雇用派遣社員で支給方法が異なれば差額が出る可能性はあるので、営業担当さんに確認して電卓を叩いてください。私はお給料関係についてはとにかく電卓を叩きまくりました。ドケチなので。

退職金について

無期雇用転換ルールの運用が始まった時に、無期雇用転換した場合は退職金が出るようになるというウワサが流れていましたが、無期雇用派遣社員で退職金が出るのは転換型じゃなくていわゆる正社員型派遣のケースじゃないかなぁ

少なくとも、私が登録している派遣会社の場合、転換型無期雇用派遣社員用の就業規定に退職金に関する規定はないし、営業担当者さんからも退職金は出ないと説明されています

営業担当さんに聞いてみてください。

スポンサーリンク

最後に

無期雇用契約には有期雇用契約とは異なる独自のメリットデメリットがあります。
デメリットが大きいと感じれば、無期転換せず一般派遣社員を続けるのもひとつの考え方だと思います。

繰り返しますが、一般的な話は厚生労働省の有期契約労働者の無期転換ポータルサイト、個別具体的な話は契約中の派遣会社の担当営業さんに確認してくださいね。ネットには一般論やごく個人的な体験談しかなく、しかも時々間違っているので、鵜呑みにするのは危険です(笑)

タイトルとURLをコピーしました