楽天ROOM始めました。まとめきれないモノ語りを集めてます

リニューアルしたディズニー英語システムわくわく英語体験後にDWE教材を購入した話

ディズニー英語システムお試しDVD&CD(リニューアル後)

ついに…娘3歳にしてついに、かの有名なディズニーの英語システム(DWE)わくわく英語体験を受けてしまいました……(震える)

実際の教材を見てみると、想像していたよりはるかに教材のクオリティが高く、卒業までのカリキュラムが考え抜かれていることに震えました。現在受講中のこどもちゃれんじEnglish(しまじろうの英語)や、教材体験イベントに参加したWorldwideKidsと比較して、教材構成やサポート体制がビックリするほどよかったのです。

娘の反応も本当によく、説明の間にアドバイザーさんが触らせてくれたカードや音声ペンに夢中で遊ぶ姿にグラグラ来てしまいました。これなら長い間しっかり使ってくれるだろうし、かなりいいところまで行けるんではないか?と心をわしづかみにされた私です。

正直、なめててすいませんでしたDWE。価格には価格なりの理由がある、本記事はそういうお話です。

スポンサーリンク

母国語重視で英語はホドホドと考えていた私がDWEわくわく英語体験を申し込んだ経緯

わが家は、現在こどもちゃれんじEnglishを受講しています。

わが家の当面の目標ラインは、娘の通う保育園の3歳児クラス以上で月に数回ある英語遊びの時間に抵抗なく輪に入れる程度の英語への「親しみ」。なので正直、母国語同様の表現力とコミュニケーション力を目指すDWEは明らかにオーバースペック。

また、効果が高い反面ものすごく高額なので、将来の教育費のことを考えてもDWEはないなあ……と思ってました。

ところが娘がしまじろう離れ。こどもちゃれんじEnglishのDVDは見なくなり、夫がうっかり見せたDisney Juniorのプリンセス動画ばかり見る状態に。

せめてもの抵抗で英語版を見せても、一般のアニメは相応の言語力や抽象概念を扱う力がついた年齢層の子ども向け。映像と音声は1対1対応ではなく理解効率はイマイチですし、娘自身もストレスがある様子。それなのに、大好きなプリンセスを見たがって、そんな姿が何だか忍びなくて……

と、悩んでいた時。

ショッピングモールでイベント中のDWEアドバイザーさんに声を掛けていただき、2019年4月にリニューアルされた体験版を含めた資料一式をいただきました。

ディズニー英語システムお試しDVD&CD(リニューアル後)

ちなみに、リニューアル前のものを請求したことがあっても再請求OKだそうですよ。

\無料サンプルお申し込みはこちら/

DWEの映像教材がオールドミッキーを使用していることは有名ですが、リニューアル後のDWEは近年のディズニー作品を加えており、もちろんプリンセスも登場します。プリンセス大好きな娘は大喜び。体験版DVDを何度も何度も何度も見て、DVDのセリフをリピートして喜んでいました。

TsumuRi
TsumuRi

……あなた、しまじろう3回で飽きるやんね?

で、思ったんです。

言語は習慣で身につくから、高価でも喜んで見るものの方が当然よい。高いことを理由に敬遠していたけれど、本当にそれでいいの?と。

そして、DWEわくわく英語体験の予約をしてしまったというわけです。

スポンサーリンク

ディズニー英語システムわくわく英語体験の当日の流れ

ディズニーの英語システムわくわく英語体験の当日、9時半にアドバイザーさんがいらっしゃいました。持参のタブレットで娘に教材の映像を見せたり、カードやタッチペンなどの実物を触らせたりしながら、DWEが実績を出している理由をみっちり説明してくださいました。

DWEわくわく英語体験の説明内容〈教材&システム編〉

アドバイザーさんの説明内容は、大まかには体験版の添付資料と同じですが、当日はデータなども提示しながらより掘り下げた説明をしてくださいました。

例えば体験版の添付資料には「母国語方式」とさらっと書いてありますが、実際に教材に触れながらだと、DWEの教材やシステムが本当に母国語方式であると実感できます。

DWEのカリキュラムの全体像をざっくりまとめると、母国語にない音を聞く能力が失われる前の乳幼児期から効率的なインプット&アウトプット環境を自宅に作って言語習得に必要な2000時間を確保、その上で自宅だけでは難しい英語話者との交流や異文化理解、目標設定やモチベーションの維持を会員制度のワールド・ファミリー・クラブ(WFC)が支えます。これ本当によくできた仕組みだと思いました。

映像教材については、ビジュアルが音声の意味を理解できるように作られていることや、同じフレーズを少し変えながら様々なやり方で繰り返すことで定着がよくなることなどをアドバイザーさんと一緒に再確認。このあたりは一般のアニメとDWE体験版を見比べてみれば発見できることですし、特に感動もなかったのですが……

おもちゃのようなカードや音声ペン教材の完成度の高さには舌を巻きました。

例えばカード教材〈トークアロング・カード〉

ディズニー英語システムのトークアロングカード(2019年リニューアル版)

いただいたパンフレットからの引用

こちらは子どもが単語や文章の意味や、語形変化の規則などを発見するように作られていますし、複数パターンのクイズ遊びで受け答えの練習もできれば、録音もできます。それでいてこのシンプルな外観と無駄のない操作。しかも、不器用でカードをまっすぐ通せなくても角っこだけでも機械に通っていれば反応するとか、乳幼児への配慮が細かすぎます。美しい。

音声ペンは、〈メイン・プログラム〉付属のものは絵本の読み聞かせをしてくれますし、応用教材〈ミッキー・マジックペン・セット〉付属のものは単語の読み上げだけではなく、キャラボイスや効果音がとても豊富。

ディズニー英語システムミッキーマジックペンセット

いただいたパンフレットからの引用

チップ&デールは笑い転げるし、グーフィーはいびきをかくし、大人でもつい効果音を確認したくなる仕様です。それでいて日本人の苦手な冠詞や単数/複数形も自然と覚えてしまうように工夫されており、市販の音声ペン玩具/教材とは一線を画しているように感じました。

ちなみに娘はカード、音声ペン両方とも気に入った様子でした。よその人には大人しい娘は始終無言でしたが、表情と行動は饒舌で。おもちゃでこんなにテンション上がった娘、久々に見た。

説明はこれだけに留まらず、2020年の英語教育改革が子どもに与える影響も説明してくださいまして、それが就学前にある程度の英語力(理解力だけではなく表現力)を身につけておくに越したことはないと納得できる、説得力のある内容だったんですね。アドバイザーさん自身も子育て中のママで居住地が近いので、地域の教育事情は本当によくご存知でしたし。

私自身は学生時代に英語学習でむちゃくちゃ苦労した方で、仕事で困らない程度に克服した後もコンプレックスは消えず、同じ思いを娘にさせたくないという気持ちもあって、この時点でそうとう購入に前のめりになっていました。

TsumuRi
TsumuRi

わくわく英語体験とは大人がわくわくしてしまう英語体験なのでした……

DWEわくわく英語体験の説明内容〈価格編〉

まあ実際はその直後に価格表を見せていただいて、超冷静になったんですけどねー

ディズニー英語システムリニューアル後の価格表

増税後の価格表です

DWEはコミュニケーション能力の確立を卒業とみなすカリキュラムになっており、卒業に最低限必要な〈メイン・プログラム〉と、〈メイン・プログラム〉を支える基礎部分の教材がセットになった〈ミッキー・パッケージ〉のお値段が約72万円

娘をとりこにした音声ペンは応用教材〈ミッキー・マジックペン・セット〉〈ミッキー・マジックペン・アドベンチャー・セット〉のもので、まず〈ミッキー・パッケージ〉を購入しないと買えません。そして〈ミッキー・パッケージ〉+GAのセットは約86万円

こうなるともはやフルセット〈ワールド・ファミリー・パッケージ〉約98万円がお買い得に見えてくるのが不思議。教材を追加購入する場合は割引がありませんし、フルセットは分割払い手数料優遇があるので、総額では相当お買い得なのは事実です。実際一番人気はフルセットですって!

ちなみにカード教材〈トークアロング・カード〉は、基礎部分の教材で構成された〈ドナルド・パッケージ〉に入っており、ここまでなら約38万円。それでもやはり高額の部類です。

TsumuRi
TsumuRi

にしてもこの価格表、分割払いの回数と総額を書いてないんですが、利息を含めた総額いくらになるねんな……(怖)

こうやって順に見ていくと、初めに〈ミッキー・パッケージ〉やフルセットを買わないと損をするような気持ちになりますが、各パッケージで期待できる到達レベルを考慮した上で目的に合うものを選ぶのがいちばんとはアドバイザーさんの弁。ええ、分かっているんです、分かっていますとも!

ちなみに正規購入者限定の有料会員制度、ワールド・ファミリー・クラブ(WFC)を利用する場合、教材の無償修理・交換サポート、DWEの認定制度であるCAPの課題提出、進め方の電話相談の利用、DWEイベント参加などの特典がありますが、入会時事務手数料と月会費が必要です。

TsumuRi
TsumuRi

途中入退会可能なあたりは意外と良心的ですが、やはりトータルの費用はかさみますよね~

スポンサーリンク

1週間ほど悩みまくった私、いきなり結論を出した夫

このようにすっかりメロメロになっていた私ですが、

夫

せめて1週間は冷静に考えようよ!

との夫のすすめに従い、少し冷却期間を置きました。夫が大蔵省ですからね。今って財務省だっけ?(←なんでもええわ)

冷静に考えれば、英語をストレスなく聞いて理解できればひとまずは十分と考えているわが家は、それこそ最安値の〈プレイ・アロング・セット〉か、その次の〈シング・アロング・セット〉から始めるのも十分アリなんです。これらは総額でも英会話教室に半年~1年半通う程度の価格なので。

ただねえ、わくわく英語体験で本当にわくわくしてしまった私、卒業に最低限必要な〈ミッキー・パッケージ〉が欲しいと思っちゃったんです……

ネットでは中古ユーザーの口コミも多いですし、中古でやっていくことも頭に浮かびました。

が。

アドバイザーさんの話では、2019年4月のリニューアル後の仕様変更は〈メイン・プログラム〉の音声ペンや〈トークアロング・カード〉の使い勝手に直結する部分。リニューアル前の〈メイン・プログラム〉の音声ペンは絵本の読み上げはできないし、〈トークアロング・カード〉はカードをまっすぐ通さないと認識しないし、カードに冠詞が印刷されていません。こうなると、中古を選ぶにしてもリニューアル後のものがいいのは確か。

ただ、リニューアル後の中古DWEの価格は現時点では正規購入する場合とあまり変わらないので、保証が受けられる正規購入の方が割高だけど万が一のとき後悔はなさそうかなと。それでもそうとう覚悟しないと購入できない価格帯なのが現実です。

TsumuRi
TsumuRi

悩みすぎて禿げるかと思いました…

marimo
marimo

毛がないおぬしが何を言う

そんな私のお悩みタイムをいともあっさり終了させたのは「冷静に」と言った夫でした。

自宅にいきなりでっかい箱が届きまして、開けてみるとこんなのが。

\まさかのVHS!/

ディズニー英語システムビデオセットがやってきた!

実はわが家にはビデオデッキがまだ残ってます。もはや前世紀の遺物、骨董品、ロストテクノロジー。

VHSビデオデッキPanasonic NV-SXG550

何年か前から「使わないんだから捨てよう!」「まだ動くから捨てない!」の戦いを繰り返していた代物。まさかこんな使い道が……orz

夫

そもそも今からそこまでお金かける予定はなかったんだし、最初は最低限でいいはずだし、昔の人はビデオでやってたんだからいけるいける~

TsumuRi
TsumuRi

(確かに一理ある……)でも絵本とCDとアウトプット教材ありませんけど……

夫

今からだと一緒に見て歌って踊るくらいでちゃうん?こないだカゴにタオル掛けてWhat’s in your the basket, tell us please~♪って歌っとったって言っとったやろ?娘の理解力とあんたの英語力ならいけるいける~

私としてはせめて絵本とCDはセットの方がよかったので苦情を申し立てましたが、夫は意に介さず。

娘はと言えば、自分でVHSカセットを入れてデッキのボタンを押すのが楽しいらしく、プリンセス抜きでも意外と見ております。同じディズニーでも、英語版Disney Juniorより意味が把握しやすいのがよいのかもしれません。

こうしてわが家にはロストテクノロジー「巻き戻し」をリアルに知る3歳が誕生しました!(←どうでもいい)

私は昔のディズニー作品の表情って味わい深いわねと思いながら、娘と一緒に画面を眺めてますが、アニメーションが紙芝居調なせいか、音声が淡々としているせいか、しまじろうと比べてかなり聞きやすいと感じます。

さて。

せっかくここまで読んでくださったのに、まさかの中古VHS購入というオチですみません。しかも自分で決めてすらない強制終了……orz

私としてはやっぱりリニューアル後DWEいいなぁ…という気持ちは大きいですし、娘の反応によってはDWE正規購入はアリと思ってます。夫はVHSで成果らしきものが出たらその時はそれでもいいと言っているので、なんらか進展があればご報告しますね~

\無料サンプルお申し込みはこちら/