楽天ROOM始めました。まとめきれないモノ語りを集めてます

タッチペン付きおしゃべりずかんの徹底比較!購入前に店頭サンプルを触って歩いた記録を公開

タッチペン付きおしゃべりずかんの徹底比較!購入前に店頭サンプルを触って歩いた記録を公開

先日、3歳半の娘のためにタッチペンでおしゃべりするずかんを購入したTsumuRiです、こんにちは。

決めるまでに、行ける範囲の大型書店やおもちゃ屋さんを巡り、試せるサンプルは片っ端から試して決めました。というわけで今回は、実際にサンプルを触り倒して感じた、各社のおしゃべりずかんの特徴を比較します。比較した製品はもくじをご覧ください。

スポンサーリンク

おしゃべりずかんを比較した私の立ち位置

まず、私の立ち位置を簡単に説明しますね。

  • 絵本が大好きな3歳娘に文字(ひらがな)を教えてあげたい
    ⇒文字と音の関連に気づいてほしい
  • 現時点では日本語を重視したい
  • 英語はあれば嬉しい(ただし英語学習の妨げになる要素は排除したい)
  • 単語数はそこそこでOK(読み聞かせや動画視聴で補えるため)

この記事では、こんな立場からおしゃべりずかんを比較していきます。

スポンサーリンク

おもちゃとして販売されているおしゃべりずかん

実を言うと、最初に検討したのはおもちゃとして販売されているおしゃべりずかんです。

うちの娘は2歳頃からミニーちゃんが大好きで、3歳過ぎからプリンセスに心変わり、その割にまだまだアンパンマンエイジ。そんな娘がはまらないわけがなかろうと思い、最初に検討したのが、ディズニーとアンパンマンのことばずかんでした。

共通する長所として特筆すべきは以下の点。

  • 二語文モードがあり、タッチで文を作れる
  • モノが実際に存在するシチュエーションの中に描かれている
  • タッチペンがイラストと文字に反応する
  • ペンをずかん本体にセットして片付けられる(ほら、ペンって転がっていくから……)
  • おもちゃとして開発されただけあってゲーム性が高い
  • ペン、ずかん、ポスターの3点セット

逆に惜しいところは以下の点。

  • よくも悪くもキャラモノ(例えば50音の表の下にあるモノのイラストが一般的なものではなくキャラだったりする)
  • 名称は日本語のみで英語のスペルは書かれていない
  • せっかく英語音声が入っているのにキャラのセリフはは日本語のみ

その他、個別の特徴は下に書きますね。

タカラトミー 日本語英語ことばがいっぱい!マジカルずかんプレミアムDX

まずはタカラトミーのディズニーのものから。

  • 対象年齢:3~6歳
  • 語彙数:日本語1100語以上、英語950語以上、キャクターボイス250語以上収録
  • 公式サイト:タカラトミー製品情報

この製品はディズニーの世界観やテイストがかなり強いです。たとえばサバンナの場面はライオンキングだし、海の場面はファインディングニモ、街はディズニーリゾートのファンタジー色が強いエリアをイラスト化した感じ。

今回見た中で唯一、本体のひらがなの表やあいうえおポスターが濁音や拗音・促音(小さい「ゃゅょっ」)にも対応しています。これができると自分で言葉を組み立てる遊びが盛り上がると思います。

また、日本語に続けて英語を読み上げるにほんごえいごモードがあり、日本語と英語の対応を教えたい場合には役立ちそう。

個人的に引っ掛かるのは、一般名詞を読み上げた後に続けてキャラ名を読む場合があることですね。英語名称とキャラの名前で混乱しない?というのは私の考えすぎ???

TsumuRi
TsumuRi

このように少し引っ掛かる点はあれど、できることの幅広さという観点ではいちばんの製品だと思います。さすがタカラトミー、さすがディズニーもの……

セガトイズ アンパンマンおしゃべりいっぱい!ことばずかんSuper DX

こちらはアンパンマンバージョンです。作っているのはセガトイズ。

  • 対象年齢:3~6歳
  • 語彙数:日本語1400語以上、英単語800語以上、二語文350以上!おしゃべりの数2200種類以上
  • 公式サイト:セガトイズ製品情報

アンパンマンの人気キャラがそこらじゅうにいるにもかかわらず、ディズニーほど気にならないのは、モノのイラストには作品の世界観が入りこんでいないからかもしれません。アンパンマンのイラストにテイストを合わせたデフォルメではありますが、ディズニーよりもリアル寄りです。

特徴的なのはタッチペンの構造で、日本語と英語はペン本体のスイッチで切り替えます。これだと大人が遊ばせたい方のモードでペンを渡せるのがいいかも!(ただ、そのうち子ども本人も気づいて好きな方に切り替えそうw)

TsumuRi
TsumuRi

文字重視の場合は50音表が濁点などに対応しているディズニーが上だと思いますが、語数はアンパンが上ですし、キャラものは子どもの好みが強く出るので好み重視でいいように思いますね。遊んでくれないと意味ないし…

タッチペンで遊ぶアンパンマンのおもちゃには、ものしりずかんなる製品もあるので、ことば自体だけではなくモノの性質にも触れさせたい場合はこっちもありかと。

スポンサーリンク

幼児向け書籍として販売されているおしゃべりずかん

次に検討したのが、幼児向け書籍として販売されているおしゃべりずかんです。書籍売り場の絵本コーナーにあります。

日本語モード、英語モード、クイズモードがあり、クイズモードはペンが読み上げた語に対応するイラストをタッチして回答するしくみ。ゲーム性という点ではおもちゃには負けます。

サンプルを触れたものと、参考までに収録語数が多すぎて気になったものだけ載せました。

講談社 にほんごえいごはじめてのずかん900

まずは講談社の(自称)「神ずかん」から。講談社の英語教室リトルとタイアップして作られたよう。

紙面はイラストではなく写真で構成され、名称は日本語と英語を表記。巻末にひらがな、カタカナ、アルファベットの表がついており、初歩の文字の学習まで対応できそうです。タッチで反応する範囲は広く、写真も文字も両方反応するのがよかったです。

残念なのが、英単語に片仮名でルビを振ってしまっているところ。私はルビ反対派なんです。娘はまだ文字が読めないのでカタカナ発音する心配はないけど、いずれ読めるようになれば耳に入ってくる音との違いに混乱しないかしらと思って。いっそ白のラベルシールを切ってルビの上から貼ってやろうかとも思いましたが、900語に貼るのはけっこう手間ですよね…

地味におもしろかったのが、各国の国旗を載せているページに例示されている名所のチョイスが妙にマニアックなところです。大人でさえ名前を聞いたことのない遺跡がゴロゴロ出てきて謎というか、まさか、遺跡にはまらせてMOVEに誘導する気ではないだろうなと邪推してますw あ、MOVEってこれです↓

TsumuRi
TsumuRi

語数は900とかなり多いし、写真がキレイでひらがなやアルファベット以外にカタカナの表もあるので、英単語のルビが許容できれば第一選択になり得ます!

ベネッセ にほんごえいごおしゃべりことばのずかん新装版

ベネッセらしい、配慮の行き届いた製品がこちら。

  • 対象年齢:1歳6ヶ月以上
  • 語彙数:633語

ずかんとタッチペン以外に、ひらがな・アルファベット・数字のポスターがついてます(ポスターは両面印刷)

個人的には図鑑は写真派ですが、このずかんのイラストはデフォルメしても分かるものはデフォルメ強め、精密さが必要なものは精密に描かれており許容範囲でした。反応する範囲はイラストと文字両方で広めです。

語数がそこそこな代わりに、紙面の情報量が多すぎず、スッキリしてるのも子どもにはよいと思いました。

英単語にカタカナルビがなく、英語の発音の学習の妨げにならないことが個人的にはポイント高いです。日本語英語に同程度重みをおいているのもので、カタカナルビがないものは、これくらいかもしれません。

TsumuRi
TsumuRi

欲を言えばカタカナの表も欲しいし、語彙数も多い方がいいけど、子どもを混乱させそうな要素がなく、キャラものでもないのは、バランスのよい優等生という風情です

東京書店 0さいからのにほんごえいごことば絵じてん

こちらは紙面構成や動作が店頭サンプルで確認できてませんが、語彙数が驚異的だったので参考に載せておきます。

  • 対象年齢:0歳以上?
  • 語彙数:2970語

「絵じてん」のタイトル通り、ことばのならべ方は辞典です(あいうえお順に収録されており、意味を記載している)。名称は日本語も英語も載ってますが、英語はカタカナルビ付きです。タッチに反応する範囲はイラストと文字、マークです。

TsumuRi
TsumuRi

「絵じてん」で2言語でしゃべるものはこれくらいしかないので、しゃべる絵じてんが欲しくなればアリかなと。ルビがイヤな私は2960語に白テープを貼るのかしら……(←もはやネタ)

東京書店から低年齢向け?にタッチペン付きで531語収録の「なまえずかん」も出ていますが、こちらもカタカナルビありで、タッチペンがイラストに反応しないという難点があります。

TsumuRi
TsumuRi

「なまえずかん」の方が内容的に低年齢向きなのに、イラストが反応しないなんて謎仕様だなと……

スポンサーリンク

英語教材として販売されているおしゃべりずかん

私は現時点では日本語重視ですが、タッチペン付き英語教材はかなり多く、日本語の読み上げをしてくれるものもあるので、いちおう検討しました。こちらは書籍売り場の英語教材コーナーにあります。

英語教材は本当に多いので、サンプルを触れたものだけ載せました。

旺文社 ベビー&キッズえいご絵じてん500

参考書で有名な旺文社が作っているものです。2019年10月に、お歌の収録数を増やした三訂版になりました。

これは英語教材ですが日本語の名称も書かれていますし、読み上げてくれます。ペンのスイッチを入れたときの言語は英語なので、日本語にしたいときは切り替えが必要。

ペンが反応する範囲はイラストと文字で広く、英語の歌とフレーズが収録されているのがよいです。

TsumuRi
TsumuRi

イラストに若干クセがあるのでイラストが好みならいいと思います。ひらがなの表こそありませんが、日本語名称も書いてあるので、日本語と英語兼用できる製品だと思います

旧版(改訂版)との違いは?

このじてんはタイミングよく、旧版(改訂版)と三訂版を触れましたのでそのへんも少し。旧版こんなのです↓

三訂版は、旧版(改訂版)と比べてお歌の収録数が別冊で増え、監修者もついたた分なのか、お値段も上がりました。三訂版の別冊は、お歌以外にもタッチで反応するイラストなどもあるので楽しいは楽しいと思います。

また、旧版は遊び始める前に表紙をめくったところにあるペンのマークをタッチしてやらないといけないのが手間でしたが、三訂版では表紙をめくったところのマークがなくなり、スイッチを入れてすぐ遊べるよう改善されてました。

TsumuRi
TsumuRi

個人的にはお歌が要らないなら旧版(改訂版)でもよい気はしますが、子どもはお歌を喜びますよね……悩ましい

旺文社 小学えいご絵じてん800

先ほどの旺文社のえいご絵じてんの小学生用です。これもリニューアルで三訂版になってます。

小学生用で英検も意識しています。音の出るワークブック2冊つき。

こちらも日本語を読み上げてくれますが、ペンのスイッチを入れたときの言語は英語なので、日本語にしたいときは切り替える必要あり。イラストと文字がタッチに反応します。

これなら3歳児もいけるのでは?と思いましたが、難点は名称の表示位置。英語名称は絵のすぐそばですが、日本語ひらがな名称は離れた位置にまとめて書いてあるので、幼児がイラストと日本語の名称を結び付けるのは少し難しいかなという印象でした。

TsumuRi
TsumuRi

まあそもそも英語教材だし、3歳は対象年齢じゃないですからねぇ……というわけである程度大きくなってから検討すべきものです!

旧版(改訂版)との違いは?

これもタイミング的に旧版(改訂版)と三訂版を触れました!旧版これね↓

三訂版では監修者が入ってフレーズ数が100から600に増え、ワークブックも2冊になりました。また、ペンに録音機能がついてます。価格はベビー&キッズ版と同じく上がってますが、ここまでの改訂だと三訂版の方がお得だなと思います。

また、旧版は表紙をめくったところにあるマークにタッチしてから遊び始めますが、三訂版ではタッチ不要になってました。

アルクの2000語えいご絵じてん

これは英語参考書や英辞郎で有名なアルクのものです。

  • 対象年齢:4歳~12歳
  • 語彙数:2000語
  • 公式サイト:アルク製品情報アルク製品情報

子ども向けということになってますが、2000語となると、もはや大人のやり直し英語教材としても活用できる気がしてなりません。

ペンのスイッチを入れたときの言語は英語反応する領域はイラストではなく文字なので、文字を知らない3歳児が直感的に操作するのは難しいかなと。

日本語も聞けますが、反応する領域が丸数字だけでかなり小さめなので幼児には難しいかなと。あくまで英語教材ですし、日本語音声はおまけ扱いと考えた方がよさそう。

TsumuRi
TsumuRi

旺文社のものより収録語数も多いし日本語がさらに少ないので、英語だけで英語学習をさせたいならよいと思いました。

小学館ドラえもん初めての英語図鑑

小学生向けの英語教材にもキャラモノは存在するのだな~と思った一冊。

  • 対象年齢:小学校入学前~6年生
  • 語彙数:2400語

これ、小学生向けなのにイラストも文字も反応するので直感的に操作できる上、収録シーンや語数が2400語と多めで、身近なフレーズもイラストつきで入っています。英検にも対応しています。

ところが、これには日本語読み上げ機能がありません。そのわりにカタカナルビがついているという謎仕様です。

TsumuRi
TsumuRi

英語音声しか聞けない英語教材なのになんでカタカナルビ振ったん?!そのへん許容できるなら、ドラえもん好きな子どもは親しみやすいのでよいと思います。でもルビが嫌な私は2400語に白テープか……

スポンサーリンク

結論:子どものことばの発達により選ぶべきことばずかんは異なる

いろいろ見て回った結果、子どもの年齢(ことばの発達)と親の意向によって、選ぶべきことばずかんは全然違って、いちがいにこれがベスト!とは言えません。

私が娘に選んだのはベネッセ「にほんご・えいごおしゃべりことばのずかん新装版」でした。日本語と英語をバランスよく、子どもを混乱させる要素は少な目で!という私の意向にはベストマッチだったのです。

が、購入時3歳半の娘は、既に濁点のあることばを知っていたために、このずかんの50音表が対応しきれず、少々残念な結果に😭

詳しくはにほんごえいごおしゃべりことばのずかんのレビューに書きましたのでこちらも参考に。

ベネッセ「にほんご・えいごおしゃべりことばのずかん新装版」を購入したので口コミするよ~
3歳半になる娘のために、ベネッセ「にほんご・えいごおしゃべりことばのずかん新装版」(以下、ベネッセおしゃべりずかん)を購...

こんな失敗も踏まえ、購入時の年齢ごとのマイベストはこれだと思います↓

1歳半前後のおすすめことばずかんはベネッセ「にほんご・えいごおしゃべりことばのずかん新装版」

子どもが1歳半と小さい時期は、ベネッセ「にほんご・えいごおしゃべりことばのずかん新装版」がベストだと思います。

単語数は633とそこそこ豊富で、子どもを混乱させる要素が少ないのがよいです。お歌が少ないところと、タッチしても反応しないイラストがある点は微妙だけど、50音表つきで、初歩のひらがなの学習まで使えるのがよいです。

英語重視でお歌やフレーズもほしい場合は、今回見た中では旺文社のベビー&キッズえいご絵じてん500の三訂版がいけてると思います。

3歳以上のおすすめことばずかんはタカラトミーの「日本語英語ことばがいっぱい!マジカルずかんプレミアムDX」

ベネッセのずかんでのやらかしを経て、私が本当に買うべきだったのはこっちだったと悔いているのが、タカラトミーの「日本語英語ことばがいっぱい!マジカルずかんプレミアムDX」です。

キャラものですし、英語のスペルは書いてません。また、キャラ名を読みあげるという子どもが混乱しそうな要素はあるものの、50音表は濁点や促音拗音に対応しているし、英語のスペルがない代わりにカタカナルビもありません。収録語数は日本語1100語とかなり豊富でゲーム性も高いので、3歳で日本語重視、英語は音があれば十分と割り切るならば、ベネッセよりもこちらの方が長く使えると思います。

キャラものを避ける場合や英語のスペルがあることを重視する場合は、ベネッセか旺文社のベビー&キッズえいご絵じてん500、背伸びして小学えいご絵じてん800になると思いますが、ベネッセにしろ旺文社にしろタカラトミーに比べ収録語数が少なく、子ども本人に日本語の文字の認識力がついてくれば、ひらがな遊びに対応できるものを別に用意することになり、オールインワンではありません。

それを考えると、タカラトミーの「日本語英語ことばがいっぱい!マジカルずかんプレミアムDX」のスペックの高さが際立っていると思う私なのでありました。

TsumuRi
TsumuRi

実はほんまの最初は、娘がディズニー好きだからディズニーでいいやん?と思ってたんです。失敗したくなくてめっちゃ調べたけど、あのときのインスピレーションを信じるべきだったと、現在は心底反省しておる次第……

製品スペックや親の意向も大切だけど、子どもの発達にしっかり目を向けることがいちばん大切やで!と、今回は反省で締めたいと思います。おしまいっ。