楽天ROOM始めました。まとめきれないモノ語りを集めてます

1歳半から車酔いに悩んだわが家の3歳までの乗り物酔い予防対策まとめ。3歳からは酔い止めも活用!

子どもの車酔いって本当にツラいですよね。特に4歳未満はほとんど乗り物酔いすることがないと言われてますし(マジかよ!)、まわりを見ても同年齢で車酔いに悩んでいる人もなく、なかなか相談もしにくい。それなのに、うちみたいに酔う子は酔うから、なんだか孤独も感じます。

わが家は娘が1歳半で車酔い体質であることが判明して以来、2歳の間はとりわけ効果のある吐き気予防対策もなかったため、主に汚れ対策をしながら様子を見ていました。2歳までは本当に絶望感がすごくて……詳しくはブロガー喫茶で書きました。

2歳児の車酔いに悩んでいました…チャイルドシートを嘔吐から守る対策方法
2歳になった子どものひどい車酔いに悩まされているTsumuRiです。こんにちは! 子どもの車酔いなんて想像もしていませんでしたが、1歳半になった頃、車に乗って1時間くらいでいきなり吐いたことがありまし

……時は流れ、2019年の春、ついに娘が待ちに待った3歳になりました。

そう、3歳になったということは、酔い止めが飲めるんです!(喜)

奇しくも10連休となった2019年のゴールデンウィーク、実は車での長距離移動を往復2回ほどしました。片道200km超を往復2回の合計で約1000kmくらいになると思います。

これほど長距離となると、気をつけててもやっぱり途中で吐かれることがありましたが、うちの車酔い対策はこれでイケる!という確信を持てた日にもなりました。

そこでこの記事では、3歳から飲める酔い止めの使用感や、わが家の車酔い対策を書いてみようと思います。しばしおつきあいください。

スポンサーリンク

3歳娘の車酔いはこんな感じです

1歳半から2歳の間は、車に乗せて20~30分くらいでいきなり吐くことが多かった娘ですが、成長と共に変化が見られ、酔うのは酔うけど、対策しやすくなった面もあると感じてます。

3歳からは酔い止めが使えるようになるのもありますが、成長に伴いこんな変化がありました。

  • 本人の意思表示が分かりやすくなる
  • 吐き気があっても多少は持ちこたえられる
  • 吐いたものの飛距離が伸びる
  • 吐いたらしょんぼりする

後半2つは微妙ですよね。そう、娘本人が意思表示や吐かない努力をしてくれるようになり、途中で車を停めて間に合うことが増えた一方、腹筋がついたためかブツの飛距離が伸びたり、精神面の成長のためか吐いた後に明らかにしょんぼりしたりと、以前に比べて必要なケアが増えた面もあるとも思います。

スポンサーリンク

大正製薬「センパアプチベリー」の使用感

さっきから酔い止め酔い止め言ってますが、3歳から飲める酔い止めがこちら、大正製薬のセンパアプチベリーです

飲みやすさにこだわった3歳からの酔い止め

このお薬、飲みやすさにこだわって開発されたそうで、直径6mmのラムネ感覚で噛み砕けるチュアブル錠。しかもイチゴ味とくれば、もはやイチゴ好きな娘の喜ぶ要素しかありません。

この年齢で小児科で処方されるお薬はシロップや散剤ばかりで、錠剤を飲み込むことには慣れてませんし、ちいさめチュアブル錠という剤形はいいと思います。

3歳娘のリアクションは微妙

私が「これなら飲めるかも(あわよくば酔わないかも)」と思ったのも束の間、この薬を初めて口にした娘、噛み砕く前に口から出してしまったんです。

ムスメ
ムスメ

イチゴない!にがーい!

私が試してみると(大人も飲めます)確かに若干の苦味はありましたが、薬の味としては苦くない方だと思うので、無類のイチゴ好きにイチゴ味を期待させたのがいけなかったのかも。あちゃ~。

それでも娘、2回目は「車でウェッてなりにくい……」(←私が言ったまんま)と言いながら飲んでくれました。3歳になると車に乗ると気持ち悪くなることを理解していますし、嫌だとも感じているので、苦みと車酔いの辛さを天秤にかけて考えたみたいです。

スポンサーリンク

3歳児の車酔い予防対策

わが家の車酔いの予防は、センパアのブランドサイト(大正製薬提供)を参考にしています。車酔いのメカニズムや予防が詳しく分かるのでよいですよ。

これを参考に編み出したわが家なりの対策がこちら。

食事直後に車に乗らない

長距離移動の場合は最低でも食後1時間以上経ってから車に乗せるようにしてます。どうしても朝早く出たい場合は、食事の時間を少し前倒ししますが、睡眠不足もよくないので悩ましいな~と思ってます。

娘が眠くなる時間を狙う

娘が眠っている間に吐くことはほぼないので、娘が眠くなる時間を狙って移動することも多いです。食事時間との兼ね合いで、午前9時~11時くらいが長距離移動のゴールデンタイム。この時間帯はだいたい車内で寝るんです。この時間帯以外はけっこうドキドキしながら運転してますね。

外の景色をネタにおしゃべりする

わが家が車を出すときは、たいてい車内に大人が2人いるので、運転していない方が娘の隣に座り、外の景色(主に前方)についてあれこれ喋ります。あれこれ喋っていると、けっこう外を見られますし、前方に注意を向けると視点も固定できていい感じだと思います。

長距離移動って子どもは飽きがちですが、車内でテレビを見せたり絵本を読んだりすると酔いやすいので、とにかく外の景色でヒマつぶし。

TsumuRi
TsumuRi

車に乗るとたくさんおしゃべりできて楽しいと、ポジティブな思いを持ってくれたらいいなと思ってます。

車酔いが始まれば車を停める

娘が起きている間は1時間ごとには休憩をはさむようにしてますが、それにも関わらず車酔いすることってやっぱりあるんですよね。酔うときは30分経たないうちに酔いますし……

車酔いの気配を察知したら、なるべく早く車を停め、車から降ろして気分転換と外の空気に触れさせるようにしています。

娘の表情をよく観察する

車酔いが始まると娘のおしゃべりが止み、明らかにぐったりした様子になります。生あくびをすることもありますし、表情としては眠い時にかなり似ているんですが、その中にちょっとだけ違うニュアンスがあるんですよね。なんだろう、うまく言えないけど、とにかく独特のニュアンスが出てきたら要注意です。

本人の意思表示があればすぐ車を停める

私たち親が娘の異変に気づかなくても、娘本人が「とめて!」と言ってくれることがあるので、その時はなるべく早く車を停めることにしています(高速道路なら最寄りのパーキングエリアに停車)。

一度、娘が教えてくれたのにすぐ停まれずしばらく走ってしまい、娘が車内で吐いてしまって可哀想だったので、それから娘の意思表示は最優先。あれは本当に娘に悪いことをしたと反省してます。

最近は悪知恵がついてきて、気持ち悪くなくても飽きたら「とめて!」って言ってる節もあるんですが、本当だったらマズイので騙されることにしています。娘も、車に乗ると気持ち悪くなることはもう分かってるし、車に乗ったときは「とめて!」と言えば車が停まる保証があり、吐かずに済む経験を重ねる方が、将来的には気楽に車に乗れるんじゃないかなと思って。

TsumuRi
TsumuRi

実は私自身が車酔い体質の子どもで、親に訴えても車を停めてくれなかったり、学校のバス遠足なんかだと予定があるから停まれなかったりと、色々嫌な記憶があるので、娘に同じ思いをさせたくないなとも。

長距離移動の場合は酔い止めも使う

さて、先ほど紹介した3歳から飲める酔い止め「センパアプチベリー」ですが、わが家では長距離移動のときのお守りとして使っています。車に乗るときに娘が不安そうにしたら飲んでもらう感じで、不安そうな様子がなく時間帯がよければ飲ませずに車に乗せることもあります。

短距離の場合は娘が耐えきることも増えてきましたし、それなら短距離で大丈夫だった体験を重ねて慣れてもらえばいいかと思い、飲ませないことの方が多いです。

酔い止めは、車酔いしたけどすぐには車を停められない時に気持ち悪さの緩和にも使えるので、車に乗るときは短距離でも携帯すると心強いです。

高速道路でも酔い止めは買えるが5歳未満の対応は難しい(2019年8月追記)

高速道路で車酔いした場合、SAで酔い止めが手に入ることもあると思いませんか?私は素直にそう思ってました。でも実際はこう↓

  • 3歳から使える酔い止めは置いていない(酔い止めを置いていても5歳以上
  • そもそも医薬品の取り扱いがないSAもある

というわけで、車酔いする3歳児の場合はドラッグストアで酔い止めを買っておいた方がいいというのが私の結論です。

TsumuRi
TsumuRi

ちなみに2019年お盆の大津SAと多賀SA(名神上り線)での経験です。どちらもかなり大きなSAなんだけど……

普段の公園遊びで三半規管を鍛える

2歳の後半から娘がピクニックづいてるので、週末はいつも公園遊びをしています。

ブランコ、すべり台、鉄棒のような遊具は、揺れやスピードに慣れたり、回転することで三半規管を鍛え、バランス感覚を養うのによいそうです。

TsumuRi
TsumuRi

正直、公園遊びってけっこう大変と思うこともありますが、これは車酔いにも知育にもいいんだと自分に言い聞かせて続けてます

スポンサーリンク

チャイルドシートや車内の汚れ防止対策

いくら車酔いの予防をしてもやっぱり吐いてしまうことはあります。

わが家では、娘が2歳の夏に、ブロガー喫茶ぽてこで教えてもらったペットシーツでチャイルドシートを守る作戦を、わが家に最適化して汚れ防止対策をしています。

ペットシーツは吸水性もあるし裏が防水加工で使用後は捨てられるので、何かと汚しやすい乳幼児期にはけっこう便利です。製品によっては吸収体の粉が出てしまうことは要注意ですね。

汚れ防止対策は気分が悪くなってから吐くまでの間が勝負

汚れ防止対策は、娘の身体的/精神的な成長のため、以前より難しくなったと感じてます。最近は車に乗る前じゃなくて、娘の気分が悪くなってから吐いてしまうまでの間に急いで用意するようになりました。

車酔いの予防って「大丈夫」という思い込みも大切なんですが、あまりガチガチに汚れ対策をすると暗に「吐くよ!」と言ってるようなものだし、娘本人の意思を重視すると仕方ないのかな~と。娘はチャイルドシートの上半身にペットシーツを敷くのは嫌がるし(おしりの下はOKの時もある)、その一方で、吐いた後にしょんぼりしたり、「ベタベタいや!」と不快感を露にしたり、「ごめん」といってみたり、汚すのは嫌という意識も育ってきて、本当に複雑。

こんな手順で汚れ防止をしてます

  • 出発前
    娘のおしりの下にペットシーツを敷く(嫌がらなければ)
  • 気分が悪くなったら
    車内にペットシーツを敷く(後部座席、足元、チャイルドシートの頭周辺←嫌がればタオル)
    娘の首から足元まで汚れても構わないものでカバーする(新聞紙大のペットシーツ、大判のおくるみ、バスタオルなどを掛ける)
  • ついに吐いてしまったら
    スーパーの袋やフェイスタオルでキャッチ

最後は力技かよ!って言われそうですが、なんやかんやで最後は力技です。今のところ勝率5割くらいですね。スーパーの袋やフェイスタオルだけだと目測を誤った時の不安がありますが、首から足元まで汚れても構わないものですっぽり覆ってしまえばけっこう安心です。

対策の中でキモなのは後部座席と床の保護。腹筋がついたせいかブツの飛距離が伸びたので、取り外しできる敷物やカバーを掛けてない車だと、このへんのガードはほんまに大切だと思います。

汚れ物の片付けはどうする?

キャッチが成功した場合は、BOSのMサイズで汚れ物の臭いは分からないくらいにガードできますが、おくるみやペットシーツまでいくと量が増えるので、もっと大きいサイズも欲しいです。ペットシーツは捨てられるのでいいんだけど、タオル類がね……

床などを汚しちゃった場合は、ひたすら拭きますが、拭くだけだと臭いが取れないので、帰宅するまでは汚したところをペットシーツで覆っておくと少しは臭いがマシです。床はほんまツラいんです。床はね~。

スポンサーリンク

3歳児の車酔いにはメンタル面の対策も必要

最後になりますが、いちばん大切なのは娘のメンタル面の対策だと思ってます。途中で書いてるのでお察しのことと思いますが、3歳になると分かってるし意思表示もするし、いっちょまえにしょげるし、さらに子どもの想像力や思い込みの力ってけっこうすごいので、なるべく車に嫌な思いは持たせたくないのです。

なので、娘のメンタル面の対策として、以下の2つに気をつけています。

  • 乗車前や汚れ対策はプレッシャーを与えないようにする
  • 吐いた後にしょんぼりしてたらポジティブに声かけする

参考になるか分かりませんが、うちの声掛けはこんな感じです。

車酔いで吐き気が込み上げた時は吐くのがいちばん楽になるので、そこは本当のことを伝えてます。それから、がんばってこらえてくれてありがとうと、汚したことは気にしなくていいことを伝えて、気持ち悪いのを教えてくれたのに車を停められなくてごめんなさいしてますね。

正直、吐いた後のしょんぼりしてる娘に言葉をかけるのってほんとうに難しいと思っていて、ほんまにどうやって声かけしたらいいんだろうっていつも試行錯誤なので、いい声かけの例があれば知りたいです。

一般的には、車酔いは脳の発達の関係と、揺れやスピードなどの刺激に不慣れなことによって4歳から12歳の間に起こりやすいと言われています。大人になれば自ずと治まっていく、若さゆえの症状なので、そのうち治るという希望を持ってもらいながら治るまで付き合えたらいいなと思います。

marimo
marimo

坊やだからさ……

TsumuRi
TsumuRi

娘や