楽天ROOMもやってます。語り切れないモノ語りを集めました

売却と廃車どちらが得?中古車一括査定で0円の車に廃車買取専門業者で値段がついた話

売却と廃車どちらが得?中古車一括査定で0円の車に廃車買取専門業者で値段がついた話
この記事は約8分で読めます。

高速道路走行中の車のエンジントラブルをきっかけに、車の処分を検討していたわが家。ようやく車の処分が決まったので、今回はその経緯を査定額まで合わせて報告します。

これまでの経緯は前回までのブログで↓

わが家が売却しようとした車はコレ。

売却と廃車どちらが得?中古車一括査定で0円の車に廃車買取専門業者で値段がついた話

2019年9月現在、中古車店では10~50万円程度で取引されている車種で、車検費用に20万円前後かかっているので中古車店の利鞘はほとんどないと思われます。気になる買取査定額は……!

  • 中古車買取店では0円
  • 廃車買取専門店では1万円
  • ディーラー下取りは検討せず

こんな結果になりました。

あれっ?前回は中古車一括査定を頼むって言ってなかった?

身内から「事故車や不動車でも鉄屑として売れるから、1万円くらいにはなるはず」と聞いていたので、中古車買取業者の査定の後で廃車買取業者を当たった結果がこれです。

スポンサーリンク

車の処分を考える前に知っておきたいこと

車の査定をするまえに知っておいた方がよいことを2つ紹介しますね。

  1. 手放した車のその後の用途(販路)
  2. 車を手放す際の還付金

手放した車のその後の用途(販路)

買取業者に売却した車のその後の利用のされ方

手放した車のその後の用途(販路)を調べたところ、国内の中古車市場で価値がなくても、海外市場での可能性や、資源としての価値は残っていることが分かりました。

車を手放す際の還付金の存在

車には下記のような税金や保険料などがかかっています。

  • 自動車税:自動車の排気量に応じて税額が決まる。4月1日に賦課、5月中に納付。
  • 重量税:自動車の重量に応じて税額が決まる。車検証または届出済証の交付を受ける際に納付。
  • 自賠責保険料:車検時に1~37ヶ月分を支払い。
  • 自動車リサイクル料:自動車の取得時に前払い(預託)する。

税金や保険料は実際に使用した期間に対してかかりますし、自動車リサイクル料は最後の持ち主が負担するものなので、車を手放す時に還付金を受け取れる可能性があります。

スポンサーリンク

楽天カーサービスの中古車一括査定を依頼してみた

まずは中古車店に査定を依頼しました。

一括査定なら手間が省けてよいと思い、楽天カーサービスで一括査定を申し込みました。

楽天カーサービスは全国で100社以上の中古車買取業者と提携しており、複数の業者にまとめて見積り依頼できるのが強み。楽天市場のヘビーユーザーであるわが家は、楽天カーサービス経由で買取成約した場合に楽天ポイントが1500ポイントもらえるのが魅力的に思えて、まんまと釣られました(笑)

楽天カーサービスの中古車一括査定は申し込み直後に買取相場が分かる

楽天カーサービスの申し込みはとても簡単で、トップページから車の情報(車種、年式、走行距離など)と連絡先個人情報を入力するだけ。車検証を手元に用意しておくとスムーズかなと。

申し込み後に表示される画面で買取相場が分かるようになっていまして、1.5万~22万円と表示されました!

TsumuRi
TsumuRi

夫が申し込んだのでスクリーンショットはありません、ごめんなさい!撮ってもらえばよかったね……

申し込んだ直後から鬼のように電話がかかってくる

申し込みの翌朝から夫のケータイに鬼のように電話が入り、夫が困惑しておりました。電話攻勢は1~2日程度で、以降はピタッと止みました。

平日昼間の電話攻勢だったので、電話を取れず折り返すことになりましたが、昼休みの時間帯や夜間は電話を取ってくれずしょんぼり。働き方改革…(笑)

何社さんかとお話をして気づいたのは、

  • 提携先100社のうち最大10社に一括査定依頼できても、日程調整は個別の電話で、結局2~3社としか交渉できない。近くの中古車屋さんに片っ端から電話をかけて相見積もりを頼んだ方が電話を受けるストレスがなかったかも。
  • 電話でまず聞かれたのは「引き取りか買い換え」か。引き取りのみと言うと相手のテンションが下がる。中古車販売の営業を兼ねていると思われる。

中古車屋さんも商売なので、市場価値のある車を売ってくれる人や、自社が販売する中古車に買い換えてくれる人とお取り引きしたいはず。どちらにも該当しないわが家からの査定依頼は、そりゃテンションが下がって当たり前だと感じました。

\市場価値のある車をお持ちの方は/

無料で引き取りしてくれる業者さんもあるが…

査定額0円の車の処分が可能か聞くと、「どうしてもと言うなら無料で処分はさせてもらいますが……」と言ってくれます。

でもここで思い出すべきは販路。

買取業者に売却した車のその後の利用のされ方
夫

中古車としての市場価値はなくても、資源としての価値はあるんだよね?

というわけでプランB、廃車買取専門業者さんへの依頼に切り替えました。

スポンサーリンク

廃車買取査定もネットで申し込み可能

廃車買取業者の査定もネットで申し込めます。

複数の業者さんが共同運営するサイトもありましたが、中古車一括査定の電話攻勢で懲りたわが家は一括査定にはせず、口コミがよかった業者さんのホームページから直接申し込み。すぐに電話がかかってきました。

結局電話かーい!

2社とやり取りした結果、見積もり価格は横並びでした。

廃車買取業者はその場で買取価格を提示

廃車買取業者の場合、その場で買取価格を提示してくれました。車を見ずの査定額なので車種でだいたい決まっているものと思われます。

ちなみに査定額は1万円。安っ!と思ったけれど中古車買取業者なら0円と思えばそんなもんかな。

廃車買取業者は自賠責や税金の還付がウリ

廃車買取業者は車本体の査定金額以上に自賠責保険料や税金(自動車税・重量税)の還付金が受け取れるのが大きいと感じました。

  • 自動車税:自動車の排気量に応じて税額が決まる。4月1日に賦課、5月中に納付。
  • 重量税:自動車の重量に応じて税額が決まる。車検証または届出済証の交付を受ける際に納付。
  • 自賠責保険料:車検時に1~37ヶ月分を支払い。

このうち自動車税は、廃車の手続き(※陸運支局での抹消登録)が9月中に完了すれば10月から翌年3月まで半年分の還付を受けられることが分かりました。排気量2000ccの車の自動車税は年間39500円なので、これが月割りで返還されるのはかなり大きいです。

自賠責保険料と重量税は、車検までの残り期間が1ヶ月以上ある場合は月割り計算して本体の買取価格に上乗せしてくれるそうですが、うちは車検まで1ヶ月を切ってたのでナシ。

結果、車両査定価格が1万円、自動車税の還付金が19750円、合計29750円が手元に戻ってくる計算になりました。

TsumuRi
TsumuRi

以上は詳しく教えてくれたハイシャルさんの場合。還付金があるかどうか、還付金が全額か一部かは業者さん次第。見積もりの時に聞けば教えてくれます。

廃車買取専門店「ハイシャル」はこちらから/

自動車リサイクル料の還付はない

自動車の売却時に戻ってくるお金と言えば、他に自動車リサイクル料がありますが、廃車依頼時に権利がなくなるとのことでした。

これは自動車の特定の部品をリサイクルするための必要経費を車の所有者が前払い(預託)しておくもので、車を解体する場合は自動車リサイクル促進センターから解体業者さんに支払われることになります。

ちなみに中古車として売却する場合は次の持ち主から自動車リサイクル料の相当額を受け取る権利があるとのことです(参考

車を手放すときに戻ってくる可能性のあるお金は確認すべき

ということで、車を手放すときは査定時に還付金があるかどうかを確認した方が取りっぱぐれがなくてよいと思います。

廃車買取業者は分かったけど、中古車買取業者やディーラーの下取りは還付はあるの?

私たちも中古車買取業者とやり取りしていた時点では知識がまったくなかったため、こちらから尋ねることもしなかったし、中古車買取業者ではどうなるのかは謎なんです……ディーラーには聞いてすらいませんし。

謎を残してすみません……。

必要書類は業者さんに確認

廃車手続きや必要書類は、廃車買取業者に直接質問するのがいちばん早いです。

車の名義によって必要書類が異なります。自分名義なら書類は割とシンプルですが、親名義の車に乗っていたり、ローンの残債があって名義が違ったりと色々ありますよね。実はわが家も処分しようとした車の名義は夫の親でした(笑)

名義が異なる場合も必要書類が揃えば廃車の手続きはできますので、業者さんに相談しつつ粛々と進めるべし。

いずれの場合も実印と印鑑証明が必須なので余裕をもって手続きするようにした方がよいです。

スポンサーリンク

自動車は名義変更してから乗る方が面倒がない

んで、これで10月から晴れて車なし生活と思いきや……

さっき車の名義が夫の親だったと言う話をしたじゃないですか。実はかれこれ数年前、処分する車と交換する形で、夫名義の車を夫実家に置いてきてたんです。ところが夫名義の車が夫の実家で全然使われていなかったので、名義人の夫が引き取ることになりまして……orz

というわけで、これだけ騒いでいたわりに、車を持たない生活を始められていないわが家です。ぐぬぬ。

前回のブログで試算した通り、車検費用を除いた年間の維持費は10万円程度で、レンタカーを中心とした車なし生活の年間経費より何万円か安いため、次の車検までは維持して、車検前に再検討します!多分!(やけくそ気味)

あれだけ車なし生活をすると言っておきながら、オチがしまらなくてほんまにすいません。車の名義変更はちゃんとしておきましょう。これおばちゃんとの約束ね!

タイトルとURLをコピーしました