保育所の保護者会の活動内容と役員活動をやってみた感想をご紹介【まずは四半期】

子育て

今年度、こどもの通う認可保育所の保護者会役員をしています。

保育園の保護者会って、入所と同時に会員になるけど、実際何やってるかよく分かりませんよね。

というわけで、一大イベントの夏祭りが終わったところで、実際の役員活動をもとに保護者会について書いてみました。

スポンサーリンク

そもそも保護者会ってなんだろう?

うちのこが通う保育所では、入所と同時に親が自動的に保護者会の会員になります。

規約によると、うちのこが通う保育所の保護者会の目的は以下の通り。

  • 会員相互の交流をはかる
  • こどもたちの幸せと成長のために保育園と協力する

保育所だけでは人手や予算の足りないところに協力して、こどもたちの保育園生活やイベントをより充実させるのが活動意義な感じです。

保護者会費

うちのこの通う保育所の保護者会費は、1児童あたり年間4400円です。

けっこう高いなあと思いますよね。

実は、半額程度はこどもたちのお昼寝布団の乾燥代です。業者さんが強力な乾燥機で布団を乾かします。

これがないと週末に布団持ち帰りになるので、荷物増やしたくない派のわたしとしてはとてもありがたい。

残りの半分が保護者会の活動費になります。

活動費は、保護者会が主催または保育所と共催するイベントの経費や、年度末の修了記念のプレゼント代として消えます。

役員は基本的に手弁当。保護者会費からはジュース1本たりとも出ませんよー。

保護者会活動に必要なコピー用紙代や文房具代くらいは出ますが、個人使用のファイルや文房具は自己負担。保護者会の共有物品として扱うかどうかで線引きしてます。

保護者会のイベント

うちのこの通う保育所の保護者会の通年スケジュールはこんな感じ。

  • 4月︰新役員就任、総会(前年度決算報告&今年度予算発表)
  • 5〜6月︰クラス親睦会
  • 7月︰夏祭り
  • 2月︰新役員選任
  • 3月︰お別れ会、役員引き継ぎ

保護者の関わるイベントとして大きいのは、やはり夏祭りとお別れ会。

運動会や遠足は保育所行事なので、保護者会として裏方の活動をすることはありません。

保育所のイベントは、関係するクラスの保護者に保育所からお手伝いの依頼があるので、依頼に応じて各保護者が協力するスタンス。

保護者会の役員会活動とは?

うちのこが通う保育所では、児童が在籍している期間を通じて最低1回は役員として保護者会の運営に携わるというルールがあります。

簡単に言うと、保育所に通うこどもが1人なら1回、2人なら2回役員をします。

役員は各学年から1〜2名選出され、月に1回保育所に集まって役員会をします。

分担によってはおうちで仕事をしたり、役員会以外の日に集まることもあります。

保護者会の役員会の様子

役員会は月に1回、土曜日の早朝に行っています。保護者会の間は保育所がこどもを見てくれるので安心です。

土曜がお仕事のおうちは、お仕事の都合をつけないといけないのでやはり大変そう。

さて本題の役員会の様子ですが。

役員会には、保育所の代表として園長と副園長も参加しています。保育所からは翌月の予定や、職員や児童の異動について説明があります。

役員にとっては要望や質問をぶつけるチャンス。こどもの生活に関わることなので、みないきいきしている…!

その後、各役員の仕事の進み具合の報告をして、夏祭りなどの大きなイベントが近づいていれば、イベントの詳細を詰めます。

例年どおりのイベントを例年どおりつつがなく行うスタンスなので、目新しいことはほとんどありません。

保育所や保護者会に対する意見や要望が投書されたときは、保育所側も巻きこんで白熱することもあります。

保護者会役員の役職と業務分担

わたしの独断と偏見もまざってますが、保護者会役員の役職と業務分担はこんな感じ。

  • 会長︰主な仕事は役員会の進行役と、保育園との調整。役員会以外の場所でもけっこう働いてる。
  • 副会長︰会長の補佐役として、役員会の日程調整、出欠の管理、当日資料の準備、アンケート集計など、他の役員に割り振らない事務処理を一手に引き受ける。
  • 書記︰役員会の議事録作成と名簿管理。議事録は掲示して役員以外にもシェア。ICレコーダーがあると捗る。
  • 会計︰保護者会費の徴収と管理。帳簿を作成、半期ごとに決算をする。
  • 会報作成︰保護者会の会報を年4回発行。基本的には連絡事項だけど、スペースが余ると育児情報を書くことも。
  • イベント運営︰保護者会の中でいちばんの花形。夏祭りやお別れ会などのイベントを運営。人数多い。
  • 写真撮影︰保護者会の関わるイベントのカメラマンの手配と、写真の販売。
  • 会計監査︰会計帳簿を年度末に監査。他の役割と兼任。

他の役員さんの仕事っぷりを見てると、なんやかんやで皆さん、それぞれの役職にとって強みになりそうなスキルを持っていますよ!

保護者会役員の決め方

うちのこの通う保育所では、例年1月下旬に翌年度の役員選出のためアンケートをします。回答はシンプルに3択。

  • 役員を希望する
  • 希望者がいなければ引き受けてもよい
  • 来年度は役員になりたくない(理由を記載)

このアンケートをもとに翌年の人選をします。過去の役員歴やこどもの学年も考慮されます。

2月の役員会には翌年度の役員さんも出席して役割を決めます。これも事前アンケートを取って調整です。

ちなみに、会長は年長組さんの保護者がすることになってます。

実際に保護者会役員をやってみるとこんな感じ

ここからは紹介ではなく、ほとんど個人的な感想と、役員をやってみて会員のみなさんにお願いしたいことでお送りします!

保護者会役員を引き受けた理由

わたしが今年度の役員を引き受けた理由は、こんな感じです。

  • 2018年は新しいことに取り組むと決めていた
  • 保育園のことをもっとよく知りたいと思った
  • こどもが小さいうちに役員をした方がお得だと聞いた

理由の1つめについては、子育てが少し落ち着いたのと、家庭でもいろいろあって閉塞感がすごくなってたので、2018年は新しいことをして状況を打破しようと考えてました。完全に個人的な理由。

理由として大きいのは2つめで、こどもの生活する場所だからよく知りたいのに、実態がよく分からないという状態だったので、役員活動を通じて色々知りたいなと思いました。

そして、わたしを後押ししたのは3つめの理由。

上の子の時に役員を経験した方が、よく「役員は早めにやっとき!」と言ってたんですよね。

保育所のことがよく分かるようになるメリットもあるし、学年が上がってからだと保育所行事が増えて大変になるからと。

さらにダメ押しの「年長組役員は会長にされるよ!」

役員をできない理由もなかったので、事前アンケートに「役員を希望する」と回答、希望通り今年度の役員になったというわけです。

保護者会役員として活動してわかったこと

役員会はガチな会議です

少なくともうちのこの通う保育所では、役員会はガチの会議。

1時間程度の限られた時間の中、決めるべきことをさくさくっと決め、あとは各自でよろしく!解散!という感じ。

役員会の連絡もメールが基本なので、「LINEで保護者会が分裂」みたいなこともなく、事務的で平和。

ママ友を増やすつもりで役員になるとガッカリするかもしれません。顔見知りを増やすくらいのスタンスでいるのがよいと思います。

それでもみんなでわいわいやりたい人には、イベント運営がおすすめです。適材適所。

役員会後の持ち帰り業務がけっこう多い

役職によりますが、持ち帰り業務がけっこう多いです。

会長と副会長は保育所との交渉もあり、特に負担が大きいのはご想像のとおりですが、どの役職でも事務仕事からは逃れられません。

パソコン必須とは言わないけどあった方が楽です。

中身によってはスマホで片付けたり、「会社で昼休みにやった!」というツワモノもいましたが……。

仕事や趣味のスキルが活かせる&伸ばせる

役員会はガチのお仕事集団なので、仕事や趣味のスキルがあればそのまま活かせます。

自分の強みを活かした役職を選べば、快適な役員生活が送れます。

また、新しいことにチャレンジしてみるのもありだと思います。多分それなりにフォローはしてもらえるかと。

文章を書きたい人は書記や会報作成(両方ともかなり人気です!)、ファシリテーターをやってみたい人は会長はいかがでしょうか。

マニュアルがない!

個人的にはうちの保護者会のびっくりポイントベスト1。

引き継ぎ事項が少ない役職ならまだしも、けっこう細々した役職でもマニュアルがありません!

まあうちの保護者会だけかもしれませんけど。

で、どうするかというと、前年度の役員会の議事録とにらめっこしながら、前年度の役員さんに「教えてください〜」で乗り切る。

マニュアル作ったら喜ばれると思います。

保護者会費の徴収がたいへんすぎる

保護者会費に限らず、提出物関係はなかなか出してくれないおうちも少なくないので、みな頭を抱えてました。

会計に至っては、集金を始めてから3ヶ月くらいは役員会で「あと○世帯回収できてませーん」と報告してましたね。

提出物関係は、最終的には保育所から未提出者への声かけをお願いして回収するんですが、ほんとうに悩みの種です。

というわけで、会員のみなさまにおかれましては、期限を守って提出していただければ!

あと、お名前もはっきり書いてください。ときどき無記名のものがあって持ち主探しが大変なんです…

保育所と時間をかけて話せる

役員のお仕事は楽ではありませんけど、保育所と時間をかけて話せる機会が得られるので、わたしは役員やっててよかったなあと思います。

やはりこどもの生活に関わることは詳しく知りたいですし、ちょっとどうかなと思うところは要望を出したい。役員会の中で、保育所に直接聞けるのは大きなメリットだと思います。

災害時の保護者会活動

わたしの住む地域は大阪北部地震際に震度6弱の地域でした。

このときは保育所がインターネットを利用して積極的に情報発信をしてくれていました。

保護者会役員としては特に活動はなかったです。みんな自分の生活を守るのでいっぱいいっぱいだったのだと思います。

地震後の役員会のタイミングで防災対策にあたっている市の職員の方とお話ができる機会がありました。

登園経路の状況や、保育所から避難所までの経路上で不安に思うことなどを市の職員の方に直接尋ねることができ、きちんと検討や対策がされていることが分かりました。

まとめ

以上、今年度の保護者会役員のひとりが夏祭りを終えたところまでに知ったことや感想などまとめてみたした。

次期役員選出の頃に追記しますのでお楽しみに!