2018年大阪北部地震︰イヤイヤ期ワンオペ育児の5つの「できない!」に備える防災

大阪北部地震の体験を通した学びを何回かにわけて書きました。

今回は、地震直後からガスが復旧するまでの期間、イヤイヤ期のこども(2歳)と暮らして困ったこととその対策をまとめます。

夫は地震当日から会社に出勤し、昼間はあいかわらずのワンオペ育児、そんな状況で困ったことが大きく5つありました。

  1. 片付けができない!
  2. 買い出しにいけない!
  3. 待てない!
  4. 食べない!
  5. 休めない!

以下では、詳しい内容と、その対策を書いていきますね。その前に前提として被災状況を。

 

スポンサーリンク

被災状況

  • 自宅:震度6弱地域の古い集合住宅(鉄筋コンクリート造)にあるわが家ですが、建物には大きな損傷はありませんでした(表面に細かいヒビは入りました)。結果的に、室内のメタルラックの転倒、ものの散乱、割れ物の破損程度ですみました。
  • ライフライン:水道と電気は問題ありませんでしたが、ガスは地震から6日目まで停止しました。
  • 交通機関:電車は地震当日は止まりましたが、翌日からは運行していました。道路については、もともと大通りが混雑する地域で、地震による混乱と悪天候のためか、いつもより混雑が激しかったです。住宅街の中の細い道は地震の被害で通れなかった場所がありました。
  • 周辺店舗の在庫状況:地震発生から3日目頃までは水、保存食、災害対策用品、お弁当・お惣菜がお昼には売り切れていましたが、その後は午後でも買えるようになりました。宅配便なども遅れはあるようですが配達されていました。

このように、わが家は震度のわりに被害は少なかったと言えますが、近くの文化住宅や古い戸建てでは瓦が落下したり壁に大きなヒビが入っていたりという状況です。

 

前置きが長くなりましたが、このような状況下、ワンオペ育児でイヤイヤ期のこどもと過ごすにあたって困ったことを書いていきます。

 

イヤイヤ期だから片付けができない!

イヤイヤ期のこどもは「そっちはダメ」程度じゃ聞かないので、建物が無事でも室内の状況によっては片付けができません(ガラスの散乱、水漏れなど)。

ワンオペ育児の家庭では、こどもが自宅内のどこに行こうとしても危なくないように被害を抑えるか、ひと部屋だけは安全地帯を作る必要があります。理想的なのは前者、現実的なのは後者ですね。

イヤイヤ期だから買い出しにいけない!

イヤイヤ期のこどもを連れての買い出しはなかなか大変です。素直にカートに乗ってくれる子ならまだよいのですが、抱っこ派や歩く派のこどもだと、荷物はあまり持てません。カート派のお子さんでも、普段からの道路の混雑に地震の混乱が加わると、渋滞を避けて自転車を使わざるを得なくなり、やはり荷物はあまり持てません。

地震直後に慌てて買い出しに出かけなくてもいいように、普段からある程度の備蓄をしておく必要があります。

今回の地震では近隣市町村での買い物や、宅急便による輸送が可能だったので、近隣市町村に仕事に出かける夫に買い物を頼んだり、通販で購入することでカバー可能でしたが、もっと規模の大きい地震だったらどうしようもありません。

イヤイヤ期だから待てない!

買い出しができない理由のひとつでもありますが、イヤイヤ期のこどもは待てませんし、制止もきけません。前頭前野がまだ発達していないのでしかたのないことですが。

地震の直後から、ものが足りないのであちこちに行列ができていました。行列に並ぶとこどもは飽きてウロウロしますし、ウロウロを防ぐために抱っこひもに入ってもらっても、「おりる!」からの「ギャー!」が始まって周囲に迷惑になることがあります。

行列のでき具合は当日まで分からないので、空いているタイミングを狙うしかありません。昼寝している間に抱っこひもにこどもを入れて並ぶという手もあります。野外の行列(自衛隊の入浴支援待ち)では、落ちている葉っぱや木の実で気を引いてごまかすという方法が使えましたが、行列が公園内だったからできたことで、車の往来がある場所だと安全に待つことは難しいです。

車の往来がある場所では、賛否両論あると思いますが、ハーネス付きのリュックを背負ってもらうのが比較的安全です。胸ベルト付きのリュックをお持ちであれば、ペット用のリードをつけても代用できます。それでも振り切って走ってしまう子は振り切りますけどね。「外に出るときはおかあさんと手をつないでね」のしつけが完璧にできればよいのですが、普段はできていても災害時はどうなるか分かりませんし、備えは必要です。

イヤイヤ期だから?食べてくれない!

地震のストレスがあったせいか、地震の直後から数日はこどもの食が細くなり、いつも食べているものでも「イヤー!」で食べてくれなかったり、ちょっと食べてから遊んでしまったりということが続きました。しかたがないので、この時期は大好きな食べ物を食べさせてたり、外に連れ出して気分転換させました。

災害時も大好きな食べ物を食べさせてあげるために、好きな食べ物を備蓄すること、好きな食べ物を調理できる環境が必要不可欠です。

イヤイヤ期だから?休めない!

地震がなくても2歳のこどもは遊んでほしがりますし、地震のあとはストレスのせいかいつもより甘えてきたり、昼寝しなくなったり、夜の寝つきが悪くなったり、寝ても夜泣きで起きてきたりします。そうなるとこどもが休めないだけではなく、その相手をしている親も休めなくなります。

こどもが眠っている間に親もなるべく身体を休める必要がありますが、片付けや余震への備えなど、することが多いと、こどもの眠っている間がチャンスとばかりに、ついつい動き回りがちになります。地震の直後は火事場の馬鹿力で動けますが、2~3日も経つとだんだん疲れが出てきて動けなくなりますし、体調を崩すおそれもあるので注意が必要です。

5つの「できない!」を解消するための3つの対策

5つの「できない!」を解消するための対策は、「耐震対策」「備蓄」の2つに「災害の時くらいワンオペ育児をやめてみる」を加えた3つです。

1.耐震対策:家具の転倒、ガラスの飛散・割れ物の落下、室内の水漏れ

なによりも地震の時に身の安全を確保すること、そして「片づけられない!」に備え、我が家では家具の転倒対策はもちろんのこと、ガラスの飛散や割れ物の落下、室内の水漏れへの対策をしました。

家具の転倒対策

背の高い家具については、地震後に配置を見直し、固定具(つっぱり棒)を点検して締め直しました。

建物は辺の長さの短い方に揺れやすいので、揺れやすい方向に対して背の高い家具の長辺が平行になっているか確認しました。配置については以下のリンク先に詳しく書かれています。

また、開き戸の本棚の中身が飛び出したので、中身の配置を変えました。辞書などの重いものは下へ。

寝室は棚は一切置かないようにしており、地震当日もいつもどおりの姿でした。片付け中にこどもにいてもらう部屋として役立ちました。念のため、地震以降は壁掛け時計も外しています。18日は大丈夫でしたが、押入れと天袋からものが落ちると怖いので、中身を見直して重いものを下に移動しました。

ガラスの飛散・割れ物の落下対策

窓ガラスと室内の棚のガラス扉には、地震後に飛散防止フィルムを貼りました。こどもがぶつかったときの安全対策にもなるので、こどものいるおうちは貼るべし。

シンクの上の水切り棚や、台の上にコップなど割れ物を置いていましたが、すべて扉つきの棚に片付けました。地震のときにいくつか割れて、破片が散乱して危なかったです。こどもは「キラキラ!」に寄ってきます…。

室内の水漏れ対策

地震がきたときに、食器洗い乾燥機を置いていたキャスター付きの棚が1mほど動いてしまいました。ホースが抜けていたら部屋中水浸しになるところでした。

そこで、ホースが外れたときに自動で給水を停止するホースニップルを取り付けました。洗濯機や食器洗い乾燥機のように、蛇口を開けっ放しにする家電の地震対策としては必須です。地震対策としては盲点ですが、集合住宅で水漏れした場合、下の住人にも影響するので重要度は高いです。

2. 備蓄:防災用食品+ローリングストック法

「買い出しにいけない!」「待てない!」に備えてわが家では従来の防災用食品+ローリングストック法で備蓄をしています。

ローリングストック法は日常使いの食品や日用品を多めに買っておき、先入れ先出しで消費しながら備蓄する方法で、常に在庫が新鮮に保たれること、必ず使い切れることからあまり負担感のない備蓄方法です。

地震の直後からは果物・乳製品・パン、開封するだけの缶詰・お惣菜、解凍するだけの冷凍食品、野菜ジュースなどのストック量を増やしました。おむつやおしりふきもちょっと多め(+1ヶ月分)にしてあります。

長期保存可能な防災用食品は比較的高価ですし、災害時以外は手を付けないのであまり大量にストックすると負担感が大きいですよね……。

備蓄の内容を考えるとき、こどもの「食べない!」に備えて大好きな食べものを備蓄しておきたいところです。好きな食べものがごはんやうどんだと、長期保存品や冷凍品を温めたり、ゆでたりする必要があるので、材料以外にも、電気が使えなくなった時に備えてカセットコンロとガスの備蓄も必要です。そもそも加熱や調理にお湯が必要なものは備蓄品としてはあまりよろしくない。果物だと缶詰やゼリーがありますし、生の果物を多めに買っておけば切るだけで食べられるので、ローリングストック法での備蓄はしやすいです。

3. 災害の時くらいはワンオペ育児をやめてみる

わが家は地震の時もワンオペ育児でしたが、上に書いた5つの問題のうち、「食べない」以外の4つは、ワンオペ育児をやめてみることで、かなり改善できます。

「ワンオペ育児をやめてみる」ことは、働き方や人生そのものの見直し作業を伴うので、なかなか簡単にはいきませんが、災害時の休み方や役割分担だけでもいちど相談しておいてはどうでしょうか。

まとめとして

今日は地震後にイヤイヤ期のこどもと暮らして、できない!と感じたことを軸に防災対策をまとめてみました。

対策として参考にしているものは以下の3つです。

また、備蓄のところに書ききれなかったのですが、3歳未満児、特に0歳〜離乳食完了までは成長に応じた備蓄が必要なので、子連れ防災の本も参考になりました。

 

0歳児向けにはミルクメーカーや育児用品店がパンフレットを作成していますので、見かけたらもらってくると便利ですよ!