楽天ROOM始めました。まとめきれないモノ語りを集めてます

新生児から大人まで!0~180cmを1cm刻みで測定できる木製身長計をDIYした記録

春ごろから取り組んでいた自作の身長計、やっと塗り終わりました!

画像が長いので横向きで身長計完成図

画像が長いので横向きですいません

娘が1歳の時に身長計が欲しくなり、材料の板を買ってからしばらくほったらかしてたんですが、娘が3歳になって身長を計りたいブームがやってきたのに応え、重い腰を上げて完成させた感じ。

なかなかやる気が出なかったため、完成までやたらに時間はかかりましたが、

  • 0cmから180cmまで1cm単位で測定可能
  • 引っ越すときにもそのままの形で持っていける(←転勤族だから切実)

という身長計ができました。やったね!

実用品としてはひとまずの完成をみたので、製作過程を公開します。反省会もあるよ!

スポンサーリンク

実録!二転三転した木製身長計DIY記録【ザ・行き当たりばったり】

【構想】壁に立てかけておける身長計が欲しい

私の理想の身長計は実家にあったキリンの身長計です。

物心ついた時から実家を出るまで、実家の柱から私たちの成長を見守ってくれました。会社名が入っているので、多分ノベルティだと思いますが、80cmくらいから80cmまで5mm刻みで測定できる優れモノでした。

似たお品をしばらく探してみましたが、シンプルで木の暖かみが感じられるものは妙に高価

要は、背の高い木に目盛りと数字がついてればOKよね!というノリで作ることにしました。

板をホームセンターで購入

まずは長さ180cm×幅6cm×厚み1.3cmの板をホームセンターで購入。

この時点では、木材の色はそのままに、目盛りと数字だけ書き込んで仕上げるつもりだったので、わりと濃い色を選びました。

2年前の話なので木材の種類までは覚えていませんが、和風の名前ではなかったと思います。

表面をヤスって角を面取り

購入した木材は表面に少しざらつきがあったので、細目のヤスリで磨きました。夫が

また、角がちょっと気になったので、こちらもヤスリで磨いて面取りしました。夫が

実はここまでが娘が1歳の時にした作業。

育休復帰のバタバタに紛れてほったらかしになっている間に2年の歳月が経過しました。

作業再開のきっかけは、3歳になった娘の「おっきくなりたい」ブームでした。

ごはんを一口食べるたびに「おっきなった?」と言って身長を計られたがるという謎のブームで、その度メジャーを持ち出すのもあれなので、忘れていた身長計を完成させようと作業再開しました。

メジャーで目盛りを下書き

当初の予定通り、木材に目盛りと数字を書くだけのつもりだったので、鉛筆で1cm単位で目盛りを書きました

木材にメジャーで線を引いてるところ

1cmごとに目盛りを書きました~

木材に目盛りを書き終わったところ

10cmのところは2cm、5cmのところは1.5cmで線を引いてます

数字を木材に転写する

数字は手書きするつもりで、パソコンで好きなフォントを選び、10刻みで数字を印刷。

パソコンで文字を印刷

2サイズ作ってちょうどいい方使いました

これはWin10のMicrosoft Wordに入っていたGloucester MT Extra Condensedというフォントです。サイズは48pt

木材に数字を転写するため、印刷した裏側を鉛筆で塗り

裏側を4B鉛筆で塗った

裏側を4B鉛筆で塗った

ばらばらに切ってマスキングテープで位置決め

マスキングテープで位置決め

マスキングテープで位置決め

紙の上から強めの筆圧でなぞったら転写完了

紙の上から強めの筆圧でなぞったところ

文字が転写されましたよと

目盛りと数字をアクリル絵の具で書き込む

目盛りと数字を書くのに使ったのはアクリル絵の具

乾くと耐水性になりますし、臭いもないので室内での塗装作業向け。あまり広い面積には向きませんが、ちょこちょこ塗る程度なら十分です。

小さい筆で、ちまちまと目盛りと数字を手書きしていきました~

数字と目盛りを書き込んだところ

当初はこんな感じで仕上がる予定でした

アクリル絵の具の使用上の注意点

アクリル絵の具は乾くと落ちないので、筆は乾く前に洗う必要があります。

また、水入れとパレットは紙コップと紙皿(or牛乳パックを切ったもの)推奨。剥がして使う紙製パレットも売ってますが、アクリル絵の具で絵を描く習慣でもないと持て余すのでw

ハプニング発生!娘、板を白く染める

何日かかけて、数字をちまちま塗っているとハプニング発生。

娘が「えのぐやった~い!」というので、隣で白のアクリル絵の具で遊ばせているうちに身長計に乱入。ちょこっと模様を描くくらいなら……と思ったら意外と情熱たっぷりに塗ってくださいまして……

娘の情熱の炎よ(笑)

娘の情熱の炎よ(笑)

板全面をアクリル絵の具で白く塗りつぶす

娘の情熱の炎を模様として生かせないかと思いましたが、私のセンスではちょっと難しかったので……白のアクリル絵の具で全面塗りました。透け感が残ってます。

とりあえず上から下まで全部塗った

とりあえず上から下まで全部塗った

目盛りと数字をアクリル絵の具で書き込む(リテイク)

目盛りと数字を黒のアクリル絵の具で再度書きました。リテイクです!

いちおうの完成

目盛りと数字は40cmから180cmまで書き込んで完成。

画像が長いので横向きで身長計完成図

画像が長いので横向きですいません

40cm未満のところにも目盛りがあるので、いちおう0cmから計ることが可能

40cm未満は実用的にはあまり使わないだろうことと、目盛りがない方がすっきり見えるので、白で塗った後は書き直しせずに透ける程度で残してあります。

【検討中】ニス仕上げにするかどうか

んで今迷っているのがこれ。ニス仕上げにした方がよいのかどうか

アクリル絵の具は、乾燥後はある程度耐久性があるので、実用的にはこのままでもよいとは思うんですが、塗り方がかなり薄いことと、木材表面のざらつきが気になるので、ニスを塗ってなめらかにした方がよいのかな~と迷っています。

ダイソーに半透明のニスがあると聞いて買いに行ったら売り切れてたんだよね。さすが夏休み。

TsumuRi
TsumuRi

というわけで夏休みが終わったら続報あるかもしれません!

スポンサーリンク

【反省ポイント多すぎ】身長計DIYのオンライン反省会

今回、作りながらこりゃあかんかった~と思うところが山ほどあるので反省点を挙げておきます。

TsumuRi
TsumuRi

もはや、ほぼすべてが反省と言っても過言ではありません!

marimo
marimo

基本的に思いつきだけで行き当たりばったりでやるからね……。

【反省】板は色が薄い方がよかったかも

わが家は木材の色そのままの身長計にしようとわざわざ色の濃い木材を使っていますが、色は塗料で何とでもなるので、こだわるべきは木材の色よりも木目だったと後で思いました(笑)

【反省】全面塗り直しを決めた時点で塗料は再検討すべき

製作途中で全面を白に着色するという大幅な方向転換を迫られた私。

白のアクリル絵の具があったのでアクリル絵の具で全面塗りましたが、この時点で別の塗料に変更するという選択をした方がよかったかもしれません。

一応の完成を見た後に、ニスどうしようかな~って調べていると、着色できるニスや塗膜が強い水性ペンキ、無垢仕上げのできるステイン(着色剤)など色々出てきまして。表面をいったん削って全面塗り換えるという選択肢は十分ありだったなと思ったわけです!

明るいところで見ると色むらが気になるのもあります(笑)

TsumuRi
TsumuRi

ま、今回、娘が白を塗ってくれたので、白で残したかったという想いもあるんですけどね。ここ塗ってくれたんだよ~って言いたいじゃないですか

木材の着色についてはこちらのサイトが詳しいので、資料としてどうぞ。

【反省】数字はステンシルシートを使った方が早かったかも

今回、数字は筆でちまちま塗っていったんですが……

筆跡がぶれることがありますし、けっこう時間もかかるので、ステンシルシートを使って一気に仕上げた方がよかったかも。

ステンシルシートと言うのは薄いプラスチックに模様の形に穴が開いたもので、模様をつけたい位置にシートを置き、塗料をつけたスポンジで上から叩いていくと、穴の形に染め抜かれるという仕組みです。

ステンシルシートは通販もできますし、100均にもあります。好みのフォントが市販されていない場合はクリアファイルで自作することも可能

TsumuRi
TsumuRi

レタリングは中学の頃からたびたびやってたのでイケると思ったけど、文字数がこんなにあるとちょっと勝手が違いました~。ぐぬぬ

あ、ステンシルのやり方についてはこちらのサイトが詳しいので、資料としてどうぞ。

【構想】反省会を終えた今の私なら身長計をこうやって作る

というわけで、反省会を終えた今の私であれば!

  • 木材は白木で木目のきれいなものを使う
  • 数字はステンシルで一気に仕上げる
  • 全面を塗装するなら着色ニスで好きな色に染める

こんな手順で身長計を作ると思います!終わり。

marimo
marimo

もう一本作りたくなってない?

TsumuRi
TsumuRi

ちょっとだけね~!でもその前にままごとキッチン風おもちゃ棚のニス剥がして塗装しなおしたい